このページにはプロモーションが含まれます

スポンサーリンク




楽天モバイルはなぜ安い?格安スマホで家計節約




楽天モバイルが安い理由はいくつかあります。

  1. MVNOだから

楽天モバイルは、NTTドコモなどの通信事業者から回線を借りてサービスを提供するMVNO(仮想移動体通信事業者)です。MVNOは、自社で通信設備を持たないため、設備投資などのコストを抑えることができ、その分料金を安く設定できます。

  1. オンライン中心の販売

楽天モバイルは、店舗での販売をほとんど行わず、オンラインでの販売に力を入れています。店舗での販売には、人件費や店舗維持費などのコストがかかりますが、オンライン販売であればこれらのコストを抑えることができます。

  1. 楽天経済圏との連携

楽天モバイルは、楽天市場や楽天カードなどの楽天経済圏のサービスと連携することで、ユーザーにさらにお得な料金を提供しています。例えば、楽天市場でのお買い物で貯まる楽天ポイントを楽天モバイルの料金支払いに充当することができます。



  1. 楽天モバイルUN-LIMIT Vの料金プラン

楽天モバイルUN-LIMIT Vは、月額2,980円で1GBまでデータ通信が無料で利用できる料金プランです。1GBを超えると、5GBまでは月額1,078円、20GBまでは月額2,178円で利用できます。20GBを超えると、楽天回線エリア内では月額3,278円でデータ通信が使い放題になります。

  1. キャンペーン

楽天モバイルは、新規契約者や乗り換え者向けのキャンペーンを頻繁に実施しています。これらのキャンペーンを利用することで、さらに安く楽天モバイルを利用することができます。

ただし、楽天モバイルは、まだエリアが完全には整備されていないというデメリットがあります。また、楽天回線エリア外では、au回線のローミングサービスを利用することになるため、通信速度が遅くなる場合があります。

1. 自分のデータ通信量を把握する

格安スマホの料金プランは、データ通信量によって異なります。まずは、自分が毎月どのくらいのデータ通信量を使っているのかを把握しましょう。データ通信量が少なければ、安い料金プランを選ぶことができます。

2. 通話オプションを確認する

格安スマホの中には、通話定額オプションが用意されているものがあります。通話が多い人は、通話定額オプションに加入することで、通話料を節約できます。

3. キャンペーンを活用する

格安スマホ会社は、新規契約者や乗り換え者向けのキャンペーンを頻繁に実施しています。これらのキャンペーンを利用することで、お得に格安スマホに乗り換えることができます。

4. 家族でまとめて契約する

家族でまとめて格安スマホを契約すると、家族割が適用される場合があります。家族割を利用することで、さらに料金を節約できます。

5. 機種は中古品にする

格安スマホは、新品のスマートフォンだけでなく、中古のスマートフォンも販売されています。中古のスマートフォンは、新品よりも安く購入できます。

おすすめの格安スマホ会社



楽天モバイル
楽天モバイルは、月額2,980円で1GBまでデータ通信が無料で利用できる料金プラン「Rakuten UN-LIMIT V」を提供しています。また、楽天市場や楽天カードなどの楽天経済圏のサービスと連携することで、さらに安く利用できます。

UQモバイル
UQモバイルは、auの回線を利用した格安スマホ会社です。auの回線品質そのままに、月額2,178円でデータ通信が3GBまで利用できる料金プラン「UQモバイルくりこしプラン+S」を提供しています。

Y!mobile
Y!mobileは、ソフトバンクの回線を利用した格安スマホ会社です。ソフトバンクの回線品質そのままに、月額2,178円でデータ通信が3GBまで利用できる料金プラン「シンプルM」を提供しています。

格安スマホに乗り換える際の注意点

エリア
格安スマホ会社は、NTTドコモ、au、ソフトバンクなどの通信事業者から回線を借りてサービスを提供しています。そのため、借りている回線のエリアによって、利用できるエリアが異なります。自分のよく行く場所がエリア内かどうかを確認しましょう。

速度
格安スマホは、通信事業者から回線を借りているため、通信速度が制限される場合があります。特に、データ通信量が多い人は、速度制限に注意が必要です。

サポート
格安スマホ会社は、店舗でのサポートが少ない場合があります。困ったことがあったときは、オンラインでのサポートを利用する必要があります。

格安スマホに乗り換える前に、これらの点に注意して、自分に合った格安スマホ会社を選びましょう。








フォローする