子供を犯罪から守るための、こしあんを伝えよう、スマホアプリのルール

スポンサードリンク
                スポンサードリンク




夏休みが始まり、中学生や高校生は色々なところへ遊びに出かけます。

今は、SNSの時代。

両親が知らないところで、どんな人と出会っているのか

実はわからない・・・といったこともあるんですよね。

中学生や高校生。

大人のようにしっかりとしている子もいるけれど、SNSでは怪しい人と出会う可能性もゼロではないです。

そこで、子供に携帯、スマホを持たせるなら、こしあんを伝えておくと良いですね。

こしあん?

和菓子かな?と思うかもしれませんが、実は違います。

スマホを使うなら、こしあんのルールを覚えておき、犯罪から身を守るための標語です。

小学校低学年くらいの子供たちも、今はスマホ世代。

インスタやTikTok、ツイッターも利用していたりする時代です。

そんな中、知らない人からDMが送られたり、実際に会おうなんて言われたりするので、注意が必要ですね。

こしあんについて

個人情報を教えないこと

本名や住所、学校名など、個人情報について詳しいことを伝えないことが大事です。

どこに住んでいるか、駅の最寄り駅なども安易には伝えないようにしましょう。

ストーカーに遭う可能性もゼロではありません。

写真を送信しないこと

昨今、知らない人に写真を送るこどもたちもいたりしますが、これはかなりリスクが高いです。

普通の写真だとしても送らないほうが良いですね。

なにかの脅しのネタになる可能性もあります。

会わないこと

SNSで仲良くなると、相手から会おうと連絡が来たりします。

ただ、知らない大人と会うことはかなり危険です。

中学生、高校生くらいですと、例えば、ごはんを奢るよ

何でも好きなものを買ってあげる、など言われたりして会おうと言われたりしますが、NGです。

大人に相談する

誰にも相談しないまま連絡を続けていたり、会ったりするとどんな犯罪に巻き込まれるのかわかりません。

なにも聞いていないと、不安になります。

大人や友人、知人に相談することが大切です。

まとめ

SNSやスマホは正しく使えば、良い面も多いのですが、やはりどんな人かわからない人もいるので、多少は気を付けたほうが良いですね。

夏休み、1か月も休みがあると嬉しいし、知らない世界に行きたくなる気持ちもあるものですが、SNSでたまに起きるような犯罪には巻き込まれたくないです。

小学生、中学生のこどもには、こしあんのルールを伝えておくと良いですね。

スポンサードリンク
                スポンサードリンク