日本三景はどこ?人気ランキング夏休みに行きたい絶景パワースポットの魅力

スポンサードリンク
                スポンサードリンク




忙しい中、自然界に囲まれた美しい海や絶景スポットへ行くと、心が癒されますね。

夏休みやゴールデンウイーク、シルバーウイークに行きたい場所と言えば、日本三景。

日本三景、よく聞くけどどこ?

すべての場所を知らない。

よく聞いたことはあるけれど、3つとも行ったことはない。そんな方もいますよね。

日本三景の場所をご紹介します。

松島、天橋立、宮島の3つの場所のことを日本三景と呼びます。

宮崎県の日本三景「松島」では、月の名所としても有名です。アインシュタインや松尾芭蕉も訪れた場所と言われます。

遊覧船から島を眺めたり、高いところから海と島を眺めていると、わーすごいきれいだなぁと感じることができます。

良い景色であっても、天気が悪いときれいではないので、青空の見える日に行きたいですね。

2つ目の日本三景、海の京都、天橋立

京都にある天橋立、あまのはしだて。

高台からの絶景が素晴らしいと全国でも有名です。

特に、上から見ると島が龍のように見えることで、不思議な感じがします。

長い時間をかけて、自然界が作り出した島と海の絶景。

京都は、お寺や神社も有名どころが多いのですが、天橋立を見に行くこともおすすめですね。

また、天橋立では、毎年夏ごろは「光のアトリエ」というイベントがあります。

ライトアップや、花火大会も行われるので、夜の絶景もまた素晴らしいです。

京都に何泊かお泊りした時には、光のアトリエも楽しみです。

3つ目の日本三景、宮島

広島県、宮島。

正式名称は「厳島」ですが、宮があることから、宮島と親しみをこめられています。

神の使いとされる鹿にも出会えるので、休日には癒されたいですね。

瀬戸内海に浮かぶ小さな島は、世界遺産にも登録されているほど。

自然を感じられるパワースポットです。

スポンサードリンク
                スポンサードリンク