このページにはプロモーションが含まれます


独身で身寄りがない場合の老後、保証人がいないので心配

スポンサーリンク




独身で身寄りがない場合の老後、心配ですよね。

特に、入院や施設入居時に必要となる身元保証人の確保は大きな課題です。

ここでは、身寄りがない独身者が老後に備えてできる

対策をいくつかご紹介します。

1. 任意後見契約を結ぶ

任意後見契約とは、将来判断能力が不十分になった際に、契約時に選んだ任意後見人が本人の生活支援や財産管理をサポートしてくれる契約です。

2. 身元保証サービスを利用する

身元保証サービスは、身寄りがない人の代わりに身元保証人となるサービスです。民間企業や社会福祉協議会などが提供しています。

3. 遺言書を作成する

遺言書には、財産の分配方法や葬儀の希望などを記すことができます。

4. 死後事務委任契約を結ぶ

死後事務委任契約とは、亡くなった後の手続きを

誰に依頼するかを定めた契約です。

5. 貯蓄をしておく

老後は収入が減る一方、医療費や介護費などの支出が増える可能性があります。

6. 人とのつながりを作る

地域活動に参加したり、ボランティア活動に参加したりすることで、

人とのつながりを作ることができます。

若い頃からの友人は大事にすべしですね。

いざという時に孤独よりは、一緒に話し合える友人がいるだけで

心強いです。

これらの対策に加えて、日頃から健康管理に気を配り、

自立した生活を維持できるようにすることが大切です。

身寄りがなくても、事前にしっかりと準備しておくことで、

安心して老後を迎えることができます。








フォローする