このページにはプロモーションが含まれます


エイプリルフールの嘘は午前中だけ?犯罪になる言葉はNG禁止されている国とは


エイプリルフールの嘘を午前中のみ許すという文化は

イギリス発祥とされていますが、明確なルールや法律があるわけではありません。

午前中のみ禁止されている国

  • 中国: 伝統文化に合わないと自粛されています。
  • イスラム教圏: 嘘をつくことが禁止されているため、
  • エイプリルフールは広まっていません。

その他の国

  • 日本: 特に午前中のみという制限はありませんが、社会人マナーとして午前中までに嘘をネタバラシするのが一般的です。
  • ドイツ: 嘘をつくのは午前中までという風習がありますが、近年はあまり守られていません。
  • フランス: 嘘をつくのは午前中までという風習がありますが、午後も嘘をつく人が多いです。
  • 午前中のみ禁止されている国は少数です。
  • 多くの国では、エイプリルフールの嘘は午前中までという明確なルールはありません。
  • マナーとして、午前中に嘘をネタバラシするのが良いでしょう。

エイプリルフールの嘘が犯罪になるかどうかは、

嘘の内容と状況によって異なります。

犯罪になる可能性のあるケース

  • 業務妨害: 虚偽の情報で業務を妨害した場合、偽計業務妨害罪に問われる可能性があります。
  • 名誉毀損: 嘘によって他人の名誉を毀損した場合、名誉毀損罪に問われる可能性があります。
  • 威力業務妨害: 嘘によって他人に恐怖を与える場合、威力業務妨害罪に問われる可能性があります。
  • 詐欺: 嘘によって金銭や物品を騙し取った場合、詐欺罪に問われる可能性があります。

犯罪にならないケース

  • 明らかに冗談だとわかる嘘: 明らかに冗談だとわかる嘘であれば、犯罪にはなりません。
  • 相手に損害を与えない嘘: 相手に損害を与えない嘘であれば、犯罪にはなりません。

  • 「〇〇さんは浮気している」と嘘をつく: 名誉毀損罪
  • 「お金を貸してくれないと殺す」と嘘をつく: 威力業務妨害罪
  • 「宝くじが当たった」と嘘を言ってプレゼントを騙し取る: 詐欺罪

  • エイプリルフールだからといって、どんな嘘も許されるわけではありません。
  • 嘘の内容によっては、犯罪になる可能性があります。
  • 相手に迷惑をかけない嘘を心がけましょう








フォローする