このページにはプロモーションが含まれます


サグラダファミリア完成しない理由、誰が作った?完成予定はいつ?

スポンサーリンク




サグラダファミリアは、スペインのバルセロナにあるカトリック教会のバシリカで、正式名称は聖家族贖罪教会です。

サグラダファミリアは、カタルーニャ・モダニズム建築の最も良く知られた作品例であり、カタルーニャの建築家アントニ・ガウディの未完成作品です。

ガウディは1883年からサグラダファミリアの建設に携わり、1926年に亡くなるまで設計と建設に尽力しました。ガウディの生前に完成したのは、地下聖堂と生誕のファサードのみです。

サグラダファミリアは、ガウディの死後も建設が続けられており、2026年に完成予定となっています。

サグラダファミリアの建設には、多くの建築家や技術者が携わってきましたが、ガウディの設計思想を受け継ぎ、建設を指揮しているのは、ジョルディ・ボネット・イ・アルマンゴルです。

サグラダファミリアは、ガウディの独創的な建築思想が具現化された作品であり、世界遺産にも登録されています。

サグラダファミリアの建設は、ガウディの遺志を受け継ぎ、多くの人々の努力によって続けられています。

スポンサーリンク





サグラダファミリア 完成しない理由

サグラダファミリアが完成しない理由は、いくつかあります。

1. ガウディの設計が複雑

サグラダファミリアは、ガウディの独創的な建築思想が具現化された作品です。ガウディは、自然の形態からインスピレーションを得た有機的な建築様式を得意としました。サグラダファミリアも、曲線や螺旋を多用した複雑な形状をしており、建設には高度な技術が必要です。

2. 設計図がほとんどない

ガウディは、図面よりも模型で設計することを好みました。そのため、サグラダファミリアの設計図はほとんど残っていません。ガウディの死後、弟子たちが図面化を試みましたが、スペイン内戦で焼失してしまいました。

3. 資金調達

サグラダファミリアは、寄付によって建設されています。そのため、資金調達が難航すると、工事が中断することもあります。

4. 建設方法

サグラダファミリアは、ガウディが考案した独自の建設方法で建てられています。そのため、建設に時間がかかります。

これらの理由から、サグラダファミリアは140年以上経った現在も完成していないのです。

サグラダファミリアは、2026年に完成予定となっています。

2026年は、ガウディの没後100周年にあたります。現在、建設は最終段階にあり、順調に進めば2026年に完成する見込みです。

ただし、サグラダファミリアは非常に複雑な建築物であり、建設には多くの困難が伴います。そのため、完成予定が遅れる可能性もあります。








フォローする