このページにはプロモーションが含まれます


猫も足の臭いを嗅いでくるほどくさい?足の裏が臭い理由,洗っても取れないとストレス


PR

足には汗腺があり、発汗していますが、汗自体は無臭なのに臭くなるのはなぜなのか、知りたい人が多いのではないでしょうか。

家でネコを飼っている人は、足のニオイを嗅いでくる、

そこまで臭っているのか気になりますよね。

飼い猫もびっくりするニオイとは・・・

どんな強烈なものなのか・・・?

にゃんとも驚きですね

発汗してから時間が経過すると雑菌が増殖してしまい、特有の臭いの原因になってしまいます。
足が臭い人はだらしないイメージがありますが、男女共にお洒落に関心のある人が少なくありません。

仕事で長時間革靴、安全靴などを履いていると蒸れやすくなり、靴を履いている時間が短い人よりも足が臭くなります。
肉類や油脂類、お酒などが好きな人は、体内に老廃物が溜まりやすく、汗をかきやすいので臭いが強くなることが多いです。

足の古い角質、爪などがありますが、雑菌が増殖する原因になるため、角質や爪のケアをこまめに行う必要があります。
女性の場合はストッキングやタイツを、長時間履いている人は足が臭くなりがちです。

スポンサーリンク





足 どれだけ洗っても臭い?

男女共に足が臭いので悩んでいる人が増えており、臭いのエチケットを守るためにこまめに足を洗っている人がほとんどです。
指と指の間、足の裏などを石鹸やボディーソープで洗っているけれど、頭皮や他の体の部位に比べると臭いが落ちていないと感じることがあります。
足の臭いの原因は常在菌のイソ吉草酸が原因になっており、入浴後にきちんと足を洗っても、靴下や靴を着用すると雑菌が増殖して嫌な臭いが発生してしまいます。

石鹸を選ぶ時は殺菌、抗菌効果の高い石鹸を使って、丁寧に指や爪、足の裏などを丁寧に洗いましょう。
石鹸やボディーソープを使用しても、足の裏が臭う時はお湯に適量の重曹を入れておき、足湯をすることで改善することがあります。



気になる足の臭いに「アニセ薬用石鹸」

【耐えられない程のニオイの原因は…】
靴を脱いだ時のあの強烈なニオイ!
そもそも、なぜ足は臭いのか?

あの強烈なニオイの原因は「イソ吉草酸」。
この「イソ吉草酸」は悪臭防止法で特定悪臭物質として指定されている程の悪臭物質。

靴を履くと足に汗をかきますが、その汗で蒸れると角質が剥がれ、古い皮脂が流れ出してしまいます。
それらがニオイの元となる悪玉菌や雑菌のエサになってしまい、
それらを分解する際に「イソ吉草酸」などが発生するのです。

では汗を抑え、角質ケアをすればよいのかというと、そういう訳でもありません。

何故なら、汗で流れ出す角質や古い皮脂は善玉菌のエサにもなっていて、
発汗を抑えるとかえって悪玉菌や雑菌を増やす結果となってしまうのです。

また、過剰な殺菌をすると善玉菌まで失ってしまうことになり、清潔に保つ環境を
維持できなくなってしまいます。

つまり
「殺菌」「抗菌」「防臭」の3つをバランスよく行わないと、足のニオイ対策には効果が無いのです。



【足のニオイケア】サラサラ効果が1日持続『ノーノースメル』

殺菌、防臭効果の高いアロマのハーブで、足湯をすることで臭いが改善することが多いです。








フォローする