このページにはプロモーションが含まれます

スポンサーリンク




夏バテに効く食べ物飲み物とは?原因と対処法!暑い日熱中症に注意!




夏になると、急に気温が暑くなります。

昼間歩いていたら、急に体調が悪くなった。

こんな風に感じることありませんか?

暑い日には、熱中症や夏バテになりやすいです。

夏バテとは

体がだるい

食欲がない

頭が痛い

主にこのような症状のことです。

日頃、健康には自信がある方も夏バテになることもあるので要注意ですね。

人の体は、

急激に暑くなると、汗をかいて熱を放散し、

体温を一定に保っています。

夏の暑い日、夜に寝ていたら

急に頭痛と吐き気を感じた日もあります。

頭がくらくらとして

立ち上がろうとしたら、目の前がぐるぐると回りました。

突然のことで驚きましたが、すぐにお水を飲みました。

熱中症は本当にこわいと感じた出来事です。

ジョギングをしたり、お風呂に入ると、体の気温が変わりますね。

胃腸の疲れや、体のだるさ、吐き気など、

暑い夏の日に夏バテの症状が出てくるのです。

また、汗をかくことで体内の水分やミネラルの不足、

寝苦しさによる不眠も、夏バテの原因になると考えられます。

スポンサーリンク





暑い夏熱中症予防、水分補給はしっかりと行う

特に夏場は汗をかきやすいので水分をさらに失いやすくなるため、

喉の渇きを感じる前に、お水を飲むことを少しずつ行うことが大切です。

ミネラルウォーターやポカリスエットなど

少しずつ飲みましょう。

夏バテ予防のために運動をする時には

ウォーキングなど軽い運動がおすすめです。

夏バテ予防におすすめの飲み物

夏の暑い時には、ビタミン入りの飲料水がおすすめです。

レモン水やアセロラ水、疲労回復に効果的です。

クエン酸が豊富な梅ジュースなどがあります。

少し酸っぱいと感じる飲み物が夏の暑い時には最高ですね。

また、甘酒はビタミンB群や必須アミノ酸が

含まれているので、夏バテや疲労回復に最適です。

夏バテ予防に食べたい食べ物

暑い時は、朝から食欲がなかったりしますよね。

なにか食べなきゃいけないけれど、食欲がまったくない。

手軽にそうめんやうどんを食べる方も多いです。

炭水化物に偏った食事になりがちです。

夏バテ予防のためには、タンパク質やビタミンが必須!

ミネラル不足にならないよう注意しましょう。

肉や魚、卵料理、お豆腐などのタンパク質が多い食べ物と、

ビタミンやミネラルを含む野菜も取り入れましょう。

コンビニでは、鶏肉サラダなど、低カロリーで食べられる

1品料理が手軽に買えますね。

ビタミンBが不足すると、体の疲れや肌が荒れることもあります。

お肌が荒れやすいと感じる若い方にもおすすめです。

少々高い値段ですが、栄養は抜群。

ビタミンB1は、体に留めておくことができない

特徴があるため、毎日食べることも大切です。








フォローする