このページにはプロモーションが含まれます


マレーシア移住は悲惨?移住が難しくなった?

スポンサーリンク




マレーシア移住が悲惨になるかどうかは、個人の状況や移住理由、

準備度によって大きく異なります。

マレーシア移住のメリット

  • 物価が安い
  • 気候が温暖
  • 自然が豊か
  • 英語が通じる
  • 多民族国家で多様な文化に触れられる

マレーシア移住のデメリット

  • 交通渋滞がひどい
  • ヘイズ(大気汚染)
  • デング熱などの感染症
  • 所得格差
  • 日本語の情報が少ない
  • 文化の違い

悲惨な移住体験談

  • 言葉の問題でコミュニケーションがうまく取れず、孤立してしまった
  • 仕事が見つからず、生活に困窮した
  • 文化の違いに適応できず、ストレスを感じた
  • 治安の悪さに不安を感じた

悲惨な移住を避けるために

  • 移住前にしっかりと情報収集をする
  • 語学力を磨く
  • 十分な資金を準備する
  • 現地の人との交流を深める
  • 日本の文化や習慣に固執しすぎない

マレーシア移住は、しっかり準備すれば、とても充実した生活を送ることができます。 悲惨な体験談を参考に、メリットとデメリットをよく理解した上で、移住計画を立てましょう。

マレーシアへの移住は、近年ますます人気が高まっています。しかし、2023年以降、移住条件が変更され、以前よりも難しくなったという声も聞かれます。

2023年以降の主な変更点

  • MM2Hビザの条件変更: マレーシア政府は、2023年1月にMM2Hビザの条件を大幅に変更しました。主な変更点は以下の通りです。

    • 最低年齢が50歳から55歳に引き上げられた
    • 最低年金受給額が4万リンギットから5万リンギットに引き上げられた
    • 固定預金額が50万リンギットから100万リンギットに引き上げられた
  • 就労ビザの取得難化: 近年、マレーシア政府は外国人労働者の雇用を抑制する政策を実施しており、就労ビザの取得が難化しています。特に、低賃金労働者のビザ取得は厳しくなっています。

マレーシア移住が難しくなった理由

  • マレーシア経済の低迷: マレーシア経済は近年低迷しており、政府は外国人労働者の雇用を抑制することで、国内の雇用を保護しようとしています。
  • 外国人に対する懸念: 近年、マレーシアでは外国人犯罪やテロの懸念が高まっており、政府は入国管理を強化しています。

マレーシア移住は依然として可能

上記の変更により、マレーシア移住は以前よりも難しくなりましたが、依然として不可能ではありません。

マレーシア移住を成功させるためのポイント

  • 最新の情報を確認する: マレーシアの入国管理政策は頻繁に変更されます。移住を検討する前に、最新の情報を確認することが重要です。
  • ビザの条件を満たす: 移住する前に、ビザの条件を満たしていることを確認することが重要です。
  • 十分な資金を準備する: マレーシアでの生活には、十分な資金が必要です。
  • マレーシアの文化や習慣を理解する: マレーシアに移住する前に、マレーシアの文化や習慣を理解しておくことが重要です。

マレーシア移住は、人生を大きく変える決断です。移住を検討する前に、十分な情報収集を行い、慎重に判断することが大切です。








フォローする