このページにはプロモーションが含まれます


フィリピンに住むには?移住して後悔した人もいる?悲惨?

スポンサーリンク




スポンサーリンク





フィリピンに住むには

フィリピンに移住するには、いくつかの方法があります。

1. 観光ビザ

30日以内の滞在であれば、観光ビザで入国できます。30日を超えて滞在する場合は、ビザの延長が必要になります。

2. 学生ビザ

フィリピン留学などで、語学学校に通う場合は、学生ビザが必要です。

3. 就労ビザ

フィリピンで就労する場合は、就労ビザが必要です。就労ビザを取得するには、フィリピンの企業から雇用契約書を取得する必要があります。

4. 永住権

フィリピン永住権を取得すれば、フィリピンに無期限で滞在することができます。永住権を取得するには、いくつかの方法があります。

  • 特別居住退職者ビザ (SRRV)

35歳以上の退職者が取得できる永住権です。一定額の預金または投資を行う必要があります。

  • クォータービザ

フィリピン人の祖父母を持つ人が取得できる永住権です。

  • 投資家ビザ

フィリピンに一定額の投資を行う人が取得できる永住権です。

  • 結婚永住ビザ

フィリピン人と結婚した人が取得できる永住権です。

フィリピン移住のメリットとデメリット

メリット

  • 生活費が安い
  • 英語が通じる
  • 人が親切
  • 自然が豊か
  • 治安が良い (場所による)

デメリット

  • インフラが整っていない
  • 暑い
  • 交通渋滞がひどい
  • 医療体制が整っていない (場所による)
  • 自然災害が多い

フィリピン移住前に準備しておくこと

  • ビザの取得
  • 住居の確保
  • 生活費の準備
  • 海外旅行保険への加入
  • 現地の言葉の勉強
  • 日本の家族や友人に連絡手段を伝えておく

フィリピン移住で後悔・悲惨な体験をするケース

フィリピン移住は、生活費の安さや温暖な気候、英語環境など多くの魅力があります。しかし、移住後の生活が必ずしも順風満帆とは限りません。

後悔や悲惨な体験に繋がるケース

1. 事前準備不足

  • ビザ取得や住居探し、生活費の確保など、移住に必要な準備を怠ると、現地での生活に困窮する可能性があります。
  • フィリピン文化や習慣に対する理解不足も、トラブルやストレスの原因となります。

2. 現地とのギャップ

  • 物価や生活水準、治安など、日本とのギャップに適応できず、孤独感や失望感を感じる場合があります。
  • フィリピン人の気質や時間感覚など、文化的な違いもストレスに繋がる可能性があります。

3. 人間関係

  • 現地の友人や知人ができず、孤独を感じてしまうことがあります。
  • フィリピン人とのトラブルや詐欺被害に遭うケースも発生しています。

4. 仕事

  • 日本語教師などの仕事は競争率が高く、希望する仕事が見つからない可能性があります。
  • 就労ビザの取得条件が厳しく、正規雇用で働くことが難しい場合があります。

5. 医療

  • 医療体制が日本と比べて整っていないため、病気や怪我をした際に適切な治療を受けられない可能性があります。
  • 医療費が高額になる場合もあり、経済的な負担が大きくなります。

6. 自然災害

  • 台風や地震などの自然災害が多く発生するため、常にリスクに備えておく必要があります。
  • 被害を受けた場合、復旧に時間がかかる場合もあります。

後悔・悲惨な体験を避けるために

1. 事前準備をしっかり行う

  • 移住前に必要な情報を収集し、計画的に準備を進めることが重要です。
  • ビザ取得、住居探し、生活費の確保など、移住後の生活に必要な準備をしっかりと行いましょう。

2. 現地文化への理解を深める

  • フィリピン文化や習慣に対する理解を深めることで、現地での生活にスムーズに適応することができます。
  • 言葉の勉強も重要です。

3. 人間関係を築く

  • 現地の友人や知人を作り、積極的に交流することで、孤独感を解消することができます。
  • 日本人コミュニティに参加するのも有効です。

4. 仕事について現実的に考える

  • 希望する仕事が見つからない可能性があることを念頭に置き、事前に情報収集を行いましょう。
  • 英語力やスキルアップも必要です。

5. 医療体制を理解しておく

  • フィリピンでの医療体制について理解し、必要な準備をしておきましょう。
  • 海外旅行保険に加入しておくことも重要です。

6. 自然災害への対策

  • 自然災害のリスクを理解し、常に備えておくことが重要です。
  • 避難場所や連絡先などを確認しておきましょう。

フィリピン移住は、事前準備と情報収集をしっかり行うことで、後悔や悲惨な体験を避けることができます。移住後の生活がより充実したものになるよう、準備を怠らないようにしましょう。








フォローする