このページにはプロモーションが含まれます

スポンサーリンク




母の日はなぜカーネーションを贈るのか?母の日、前日でも間に合う?ブリザードフラワーもおすすめ




母の日カーネーションを贈る理由は、アメリカのアンナ・ジャービスという女性が亡き母を偲んで始めたのがきっかけです。アンナは、母の好きだった白いカーネーションを教会で配り、母の功績を称えました。これが母の日の始まりとされています。

カーネーションは、キリスト教では聖母マリアの象徴とされてきました。そのため、母の日のシンボルとして定着したと考えられています。

カーネーションの色によって、それぞれ花言葉が異なります。

  • 赤: 母への愛、愛情
  • ピンク: 感謝、上品
  • 白: 尊敬、純潔
  • 黄色: 友情、気品
  • 青: 永遠の幸福

母の日のプレゼントとしてカーネーションを選ぶ際には、お母さんの好きな色や花言葉を考慮すると良いでしょう。

近年では、カーネーション以外にも様々な花を母の日プレゼントとして贈る人が増えています。例えば、バラ、ラナンキュラス、ガーベラなどが人気です。

母の日になぜカーネーションを贈るのか、その理由はアメリカのアンナ・ジャービスという女性が亡き母を偲んで始めたのがきっかけです。カーネーションはキリスト教では聖母マリアの象徴とされてきました。また、カーネーションの色によってそれぞれ花言葉が異なります。母の日のプレゼントとしてカーネーションを選ぶ際には、お母さんの好きな色や花言葉を考慮すると良いでしょう。

母の日のプレゼントとして、ブリザードフラワーも人気です。

ブリザードフラワーは、特殊な加工技術によって水分を抜き、長期間美しい状態を保つことができる花です。水やりなどの手間がかからず、枯れる心配もないので、忙しいお母さんにもぴったりです。

ブリザードフラワーには、様々な種類があります。バラやカーネーションなどの定番の花はもちろん、アジサイやラナンキュラスなど、季節の花を使ったアレンジメントも人気です。また、最近はプリザーブドフラワーと組み合わせて、より華やかにアレンジしたものもあります。

ブリザードフラワーを選ぶ際には、お母さんの好みや部屋の雰囲気に合ったものを選ぶことが大切です。また、メッセージカードを添えると、より気持ちが伝わります。

ブリザードフラワーのメリット

  • 長期間美しい状態を保つことができる
  • 水やりなどの手間がかからない
  • 枯れる心配がない
  • 様々な種類がある
  • メッセージカードを添えることができる

ブリザードフラワーのデメリット

  • 生花よりも高価である
  • 生花のような香りがない

スポンサーリンク





母の日 前日でも間に合う?

母の日が目前に迫り、プレゼントの準備を忘れていたという方もいるのではないでしょうか。しかし、前日でも間に合う方法はいくつかあります。

1. ネットショップで注文する

多くのネットショップでは、母の日当日配達に対応しています。前日までに注文すれば、間に合う可能性が高いです。ただし、配送状況によっては間に合わない場合もあるので、注文前に確認が必要です。

2. デパートや花屋で購入する

デパートや花屋では、母の日当日に販売する商品を用意しています。前日であれば、まだ商品が残っている可能性があります。ただし、人気商品は早めに売り切れてしまうので、早めに購入することをおすすめします。

3. 手作りのプレゼントを用意する

手作りのプレゼントは、お金では買えない価値があります。時間があれば、手紙やメッセージカード、お菓子などを手作りしてみましょう。

4. 体験型ギフトを贈る

温泉やエステなどの体験型ギフトは、思い出に残るプレゼントになります。前日までに予約すれば、間に合う可能性があります。

5. 電話やメールで感謝の気持ちを伝える

プレゼントが間に合わなくても、電話やメールで感謝の気持ちを伝えましょう。

母の日前日でも、間に合う方法はいくつかあります

大切なのは、お母さんに感謝の気持ちを伝えることです。








フォローする