このページにはプロモーションが含まれます


スマホの電池の減りが早くなる原因

スポンサーリンク




1. バッテリーの経年劣化

スマホの電池は消耗品です。2~3年使い続けると、

新品時と比べて電池の持ちが悪くなっていきます。

2. スマホの設定

画面の明るさや音量、Wi-FiやBluetoothの設定など、

スマホの設定によっては電池の消費が早くなることがあります。

3. アプリの使用状況

ゲームや動画視聴など、高負荷なアプリを使用すると電池の消費が早くなります。また、バックグラウンドで起動しているアプリも電池を消費します

【原因1】バッテリーの経年劣化

対策

  • バッテリーを交換する
  • スマホを買い替える

【原因2】スマホの設定

対策

  • 画面の明るさを調整する
  • 音量を下げる
  • Wi-FiやBluetoothをオフにする
  • 自動同期をオフにする
  • 省電力モードを使用する

【原因3】アプリの使用状況

対策

  • 高負荷なアプリの使用時間を減らす
  • バックグラウンドで起動しているアプリを閉じる
  • 使用していないアプリをアンインストールする
  • スマホを高温の場所に放置しない
  • 充電しながらスマホを使用しない
  • 最新のOSにアップデートする

これらの対策を試しても電池の減りが早い場合は、故障している可能性があります。メーカーのサポートに問い合わせてみましょう。








フォローする