悪質商法の事例、若者を狙うキャッチセールス、マルチ商法

PR

スポンサーリンク




高齢者を騙すオレオレ詐欺もよくある事件ですが、

若者を狙った悪質商法も今も多いです。

若者に消費者金融を利用させたり、

クレジットカードのローンを強引にすすめて、

高額な契約を持ちかけるような人もいます。

十分に気を付けたいですね。

民法改正により、2022年4月1日から

成人の年齢が18歳に引き下げられました。

年齢が大人になったとしても、

社会経験としてはまだ未熟な頃。

まだあまり社会経験がなく、

クレジットカードを利用したことが

少ない若者に起きる可能性のある

悪質商法の事例をご紹介します。

スポンサーリンク




駅前で話しかけられやすいアポイントセールス

街中で歩いていると、

急に知らない人から話しかけられたりします。

一見、おしゃれで今風の女性や男性から話しかけられたりします。

化粧品のサンプルをあげますよ、と言いながら

どこかに誘導しようとする人もいますね。

アンケートをお願いします。

商品が当たりました。

という話などから、別の商品や

高額なサービスの説明をされます。

一見、外見の良い人から

話しかけられたりするので嬉しくなる人も多いのですが、要注意です。

断り方は、忙しいので・・・と早く去るか

人と待ち合わせしているので・・・と言って

アポイントセールスを回避しましょう。

デート商法

SNSや婚活の場で、仲良くなった異性から

なにやら商品をすすめられるものです。

恋愛感情を利用して、相手に甘い言葉を言いながら

投資用マンションを買わせようとしたり、高額なアクセサリーをすすめられたりします。

国際ロマンス詐欺にも似ている手口ですね。

実際、私も駅前などで話しかけられ、

世界にただひとつしかない指輪、というものを強引にすすめれたこともありました。

タレント、モデル契約の勧誘

タレントやモデルのお仕事をしたいと憧れている方もいます。

雑誌やCMを見て、あんな風になりたい。

有名人になりたいと願う女性も多いです。

オーディションに受かるための、高額な芸能スクールの入学金や月謝料金を求められたりするので要注意です。

18歳くらいの若い女性の場合、道で歩いている時に

声をかけられ、モデルになりませんか?と甘い言葉を言われたりするので気を付けましょう。

友人を紹介するマルチ商法など、

もし、強引に契約をさせられてしまった時でも、

クーリングオフ制度を利用すれば、解約も可能となるのできちんと調べたほうが良いですね。

怪しいと感じたら、早急に家族に相談、

解約の連絡をしましょう。



フォローする