このページにはプロモーションが含まれます


おひとりさまで独身、身寄りがない、老後相談窓口、保証人がいない高齢者の一人暮らし対策


スポンサーリンク





保証人がいない高齢者の一人暮らし

保証人がいない高齢者の方の一人暮らしは、賃貸契約や施設入所など、様々な場面で困難に直面する可能性があります。しかし、事前に準備をすることで、安心して老後を送ることも可能です。

1. 賃貸契約

多くの賃貸物件では、入居時に保証人を求められます。

  • 保証会社を利用する
  • 家賃保証保険に加入する
  • 敷金・礼金を多めに支払う
  • 大家さんに相談する

2. 施設入所

施設入所でも、多くの場合、身元保証人が必要です。

  • 施設に相談する
  • 身元保証会社を利用する
  • 任意後見制度を利用する
  • 成年後見制度を利用する
  • 生活支援サービスを利用する
  • 見守りサービスを利用する
  • 行政の支援を利用する

4. 事前に準備しておくこと

  • 財産管理等委任契約を結ぶ
  • 任意後見制度を利用する
  • 成年後見制度を利用する
  • 遺言書を作成する

相談できる窓口はたくさんあります。

1. 地域包括支援センター

  • 介護保険や福祉サービスに関する相談を受け付けています。
  • 介護が必要になった場合、ケアマネージャーを紹介してくれます。
  • 身寄りのない高齢者への支援も積極的に行っています。

2. 社会福祉協議会

  • 生活困窮者への支援や各種相談を受け付けています。
  • 孤独死対策にも取り組んでおり、身寄りのない高齢者への支援も行っています。

3. 民間サービス

  • 身元保証サービスや死後事務委託など、様々なサービスを提供しています。
  • 費用はかかりますが、専門家のサポートを受けられるので安心です。








フォローする