このページにはプロモーションが含まれます

スポンサーリンク




顔色が青白くなる原因




顔色が青白くなる原因

1. 血液の異常

  • 貧血:ヘモグロビンが不足すると、血液が全身に酸素を十分に運べなくなり、顔色が青白くなります。鉄欠乏性貧血、悪性貧血、再生不良性貧血などがあります。
  • 白血病:白血球が異常増殖すると、血液の正常な機能が阻害され、顔色が青白くなります。
  • 一酸化炭素中毒:一酸化炭素はヘモグロビンと結合し、酸素運搬能力を阻害します。顔色が青白くなるだけでなく、頭痛、めまい、吐き気などの症状が現れます。

2. 循環障害

  • 心不全:心臓の機能が低下すると、血液の循環が悪くなり、顔色が青白くなります。
  • ショック:体の血圧が低下し、血液循環が悪くなると、顔色が青白くなります。
  • レイノー症:寒冷刺激によって指先や足先の血管が収縮し、顔色が青白くなります。

3. その他

  • 低体温症:体温が低下すると、末梢の血管が収縮し、顔色が青白くなります。
  • 栄養不足:鉄分やビタミンB12などの栄養素が不足すると、貧血を引き起こし、顔色が青白くなります。
  • 薬の副作用:降圧剤や抗がん剤などの副作用で、顔色が青白くなることがあります。
  • ストレス:ストレスによって交感神経が活性化し、血管が収縮します。その結果、顔色が青白くなることがあります。
今日はすっぴん?と聞かれてしまう。 化粧しているのに、メイクしているように見えない・・・ すごく悩む・・・ ナチュ...








フォローする