このページにはプロモーションが含まれます

スポンサーリンク




夜中に足がつる原因と対処法




夜中に足がつる、いわゆる「こむら返り」は、非常に不快な経験ですよね。

ここでは、こむら返りの原因と、発作時の対処法、

予防法について詳しく説明します。

原因

  • 筋肉の疲労: 長時間の運動や立ち仕事などにより、筋肉が疲労し、酸素や栄養素が不足すると、こむら返りが起こりやすくなります。
  • ミネラル不足: カルシウム、マグネシウム、カリウムなどのミネラルは、筋肉の収縮と弛緩を正常に保つために必要です。これらのミネラルが不足すると、筋肉が過敏になり、こむら返りが起こりやすくなります。
  • 血行不良: 冷えや運動不足などにより、足への血流が悪くなると、筋肉に酸素や栄養素が不足し、こむら返りが起こりやすくなります。
  • 脱水: 体内の水分不足は、筋肉の機能低下を引き起こし、こむら返りの原因となります。

その他にも、妊娠、糖尿病、甲状腺機能亢進症などの病気が原因でこむら返りが起こることもあります。

発作時の対処法

  1. 患部のストレッチ: つった筋肉をゆっくりと伸ばします。ふくらはぎがつった場合は、つま先を手で持ち、膝を伸ばすようにします。
  2. マッサージ: つった筋肉を軽くマッサージします。
  3. 温める: 患部を温湿布や湯たんぽなどで温めます。
  4. 水分補給: 水分不足が原因の場合、水やスポーツドリンクなどを飲んで水分補給をします。

これらの方法で症状が改善しない場合は、無理せずに医療機関を受診しましょう。

予防法

  • 適度な運動: ウォーキングやジョギングなどの適度な運動は、筋肉の血行を促進し、こむら返りの予防に効果的です。
  • ストレッチ: 入浴後や運動後など、筋肉が温まっているときにストレッチを行い、柔軟性を保ちましょう。
  • ミネラルバランスのよい食事: カルシウム、マグネシウム、カリウムなどのミネラルを積極的に摂取しましょう。
  • 水分補給: こまめに水分補給を行い、脱水状態を防ぎましょう。
  • 冷え対策: 足元を冷やさないように、靴下やレッグウォーマーなどを着用しましょう。

規則正しい生活習慣を心がけることも大切です。

まとめ

夜中に足がつるこむら返りは、筋肉の疲労、ミネラル不足、血行不良、脱水などが原因で起こります。発作時の対処法としては、患部のストレッチ、マッサージ、温湿布や湯たんぽによる温め、水分補給などが効果的です。こむら返りを予防するには、適度な運動、ストレッチ、ミネラルバランスのよい食事、水分補給、冷え対策などが重要です。

https://www.catwalk-omiya.jp/post-4416/








フォローする