北海道さっぽろ雪まつり、服装は何を着ればいい?

PR

スポンサーリンク




さっぽろ雪まつりは、北海道札幌市で毎年2月に開催される冬の一大イベントです。開催期間中の気温は、平均で-5℃から-10℃程度と、非常に寒くなります。そのため、さっぽろ雪まつりを楽しむためには、しっかりとした防寒対策が必要です。

  • アウター:ダウンジャケットやロングコートなど、防寒性の高いものを選びましょう。
  • インナー:ライトダウンやニットなど、保温性の高いものを着用しましょう。
  • アンダーウェア:ヒートテックやタイツなど、肌寒さを防ぐものを着用しましょう。

  • 帽子:耳や頭部をしっかり覆えるものを着用しましょう。
  • マフラー:首元をしっかり覆えるものを着用しましょう。
  • 手袋:指先までしっかり暖かく保つものを着用しましょう。

  • 靴:足元が濡れないように、長靴やブーツなどを着用しましょう。

また、防寒対策グッズとして、カイロやネックウォーマーなども用意しておくと安心です。

なお、さっぽろ雪まつり会場内は、屋外と屋内が混在しています。そのため、脱ぎ着しやすい服装がおすすめです。

  • とにかく寒さ対策を万全に!
  • 脱ぎ着しやすい服装がおすすめ
  • 防寒対策グッズも忘れずに

さっぽろ雪まつりを、楽しくお過ごしください。



フォローする