サル痘ってどんな病気?症状や感染経路は?

スポンサードリンク
                スポンサードリンク




2020年頃から、感染者が増え始めたコロナウイルス。

いつに収束するのか誰にもわかりません。

最近では、欧米を中心にサル痘の症状が増えています。

すごく心配になりますね。

欧米で広まる感染症が日本でも広まるのか、怖いです。

サル痘ウイルスは、1958年にサルの体内で、確認されたので、この名前になりました。

その後、70年代には、アフリカのザイールで、人の感染が確認されたのです。

アフリカで、感染者が増えていましたが、最近になり欧米でもサル痘に感染している人が増えています。

人から人に感染する可能性としては、皮膚の接触です。

発疹しているところを触れる、かさぶたに触れる。

こどもや妊婦さんはリスクが高いと言われます。

怖いところは、感染してからすぐに症状が出てくるわけではないところです。

潜伏期間があり、5日から20日ほど経った後に高熱が出ることも・・。

38度以上の熱、リンパ節が腫れる、発疹が出る、といった症状があらわれます。

回復期間としては、2週間から1か月ほど。

日本で感染者が出る可能性は十分に考えられます。

予防法は、手洗い、アルコール消毒、ウイルスにかかった人との濃厚な接触を避けることです。

スポンサードリンク
                スポンサードリンク