このページにはプロモーションが含まれます

スポンサーリンク




ニキビができやすい人は、肌が綺麗になる?




ニキビができやすい人は、

将来綺麗な肌になる可能性を秘めていると言われています。

その理由は、ニキビができやすい人は以下の特徴を持っているからです。

  • 皮脂分泌量が多い

皮脂は肌の潤いを保つために必要な成分ですが、過剰に分泌されると毛穴に詰まり、ニキビの原因となります。しかし、皮脂量が多い人は、肌のターンオーバーが活発で、古い角質が自然に剥がれ落ちやすいため、キメが細かく、透明感のある肌になりやすいと言われています。

  • ターンオーバーが活発

ターンオーバーとは、肌の細胞が生まれ変わるサイクルのことです。ターンオーバーが活発な人は、古い角質が溜まりにくく、キメが細かく、透明感のある肌になりやすいと言われています。

  • 肌の老化が遅い

ニキビのできやすい人は、生まれ持った「テロメア」の長さが比較的長いことが共通していることが、研究によって判明しました。テロメアは、染色体の末端に存在するDNAのことで、細胞分裂を繰り返すたびに短くなっていきます。テロメアが短くなると、細胞老化が促進され、肌のハリやツヤが失われていきます。つまり、ニキビのできやすい人は、細胞老化のスピードが遅い特徴があると言えるため、肌を若く健康的な状態に保ちやすいことより、「将来肌が綺麗になる」と考えられています。

もちろん、ニキビ跡が残ったり、毛穴が開いたりして、肌が綺麗にならないケースもあります。しかし、ニキビ跡や毛穴の開きには、適切なスキンケアや治療法で改善することができます。

ニキビに悩んでいる人は、将来綺麗な肌になる可能性を秘めていることを忘れずに、適切なスキンケアや治療を行いましょう。








フォローする