このページにはプロモーションが含まれます

スポンサーリンク




ニキビできる人とできない人の違い、にきびができない人は遺伝?




スポンサーリンク





ニキビできる人とできない人の違い

ニキビのできやすさは、主に以下の3つの要因によって異なります。

1. 皮脂の分泌量

皮脂は肌の表面を覆い、乾燥から守るために必要なものです。しかし、皮脂が過剰に分泌されると、毛穴に詰まりやすくニキビの原因となります。

  • 皮脂の分泌量が多い人
    • 思春期
    • 男性
    • テカリやすい肌質
    • ストレス
    • 食生活の乱れ

2. 角質のターンオーバー

角質は、肌の表面を覆う古い細胞です。ターンオーバーが正常であれば、古い角質は自然に剥がれ落ち、新しい角質に置き換わります。しかし、ターンオーバーが乱れると、古い角質が毛穴に詰まり、ニキビの原因となります。

  • ターンオーバーが乱れている人
    • 睡眠不足
    • 紫外線
    • 乾燥
    • ストレス
    • 洗顔不足

3. アクネ菌

アクネ菌は、毛穴の中に常在する菌です。皮脂を栄養源として増殖し、毛穴の炎症を引き起こすことがあります。

  • アクネ菌が過剰に増殖しやすい人
    • 皮脂の分泌量が多い人
    • ターンオーバーが乱れている人
    • 免疫力が低下している人
    • ストレス

ニキビのできやすさは、これらの要因が複合的に絡み合って起こります。

ニキビのできにくい人の特徴

  • 皮脂の分泌量が少ない
  • ターンオーバーが正常
  • アクネ菌の増殖が抑制されている

これらの特徴を持つ人は、ニキビができにくいと言えます。

ニキビのできやすい人の特徴

  • 皮脂の分泌量が多い
  • ターンオーバーが乱れている
  • アクネ菌の増殖が活発

これらの特徴を持つ人は、ニキビができやすいと言えます。

ニキビを予防・改善する方法

ニキビを予防・改善するためには

  • 洗顔

    • 朝晩、1日2回の洗顔を行い、皮脂や汚れをしっかり落とす。
    • 洗顔料は、肌に合ったものを選ぶ。
    • ゴシゴシこすらず、優しく洗う。
  • スキンケア

    • 化粧水や乳液で、肌に十分な潤いを与える。
    • ニキビ予防効果のある化粧品を使用する。
    • 紫外線対策をしっかりと行う。
  • 生活習慣

    • 睡眠不足やストレスを避ける。
    • バランスの良い食生活を心がける。
    • 適度な運動を行う。

ニキビがひどい場合は、皮膚科を受診しましょう。

ニキビのできやすさと遺伝

ニキビのできやすさは、遺伝的要素後天的な要素の両方が影響していると考えられています。

遺伝的要素としては、以下が挙げられます。

  • 皮脂の分泌量: 皮脂の分泌量が多いと、毛穴が詰まりやすくなり、ニキビができやすくなります。
  • 肌のバリア機能: 肌のバリア機能が弱い人は、外部刺激を受けやすく、ニキビができやすくなります。
  • 毛穴の大きさ: 毛穴が大きい人は、角栓が詰まりやすく、ニキビができやすくなります。

しかし、これらの遺伝的要素があっても、必ずしもニキビができるわけではありません。後天的な要素として、以下のようなものがニキビの発生に関与します。

  • 食生活: 脂っこい食事や甘い食事を多く摂ると、皮脂の分泌量が増え、ニキビができやすくなります。
  • 生活習慣: 睡眠不足やストレスは、肌のバリア機能を低下させ、ニキビができやすくなります。
  • スキンケア: 洗顔や化粧水、乳液などのスキンケアが不十分だと、毛穴が詰まりやすくなり、ニキビができやすくなります。

つまり、ニキビのできやすさは、遺伝的要素と後天的な要素が複雑に絡み合って決まります。

ニキビのできにくい体質に生まれ変わったとしても、食生活や生活習慣、スキンケアに気を配らなければ、ニキビができる可能性は十分にあります。

逆に、ニキビのできやすい体質であっても、上記の要素を改善することで、ニキビを予防したり、改善したりすることができます。

ニキビにお悩みの方は、皮膚科を受診して、適切な治療を受けることが大切です。








フォローする