このページにはプロモーションが含まれます


イケメンなのに写真写りが悪い男性なぜ?実物のほうが断然かっこいい


写真写りが悪いイケメンは、実物の方が断然かっこいい!

というケースはよくありますよね。

写真写りが悪い原因は様々ですが、いくつか考えられるものとしては、

1. 表情が硬い

写真慣れしていない人は、カメラを向けられると緊張して表情が硬くなってしまうことがあります。自然な笑顔やリラックスした表情を撮影できれば、イケメン度もアップします。

2. 角度が悪い

誰にでも、顔の角度によって良く見える角度と、悪く見える角度があります。自分のベストな角度を知って、その角度から撮影するようにしましょう。

3. 照明が悪い

暗い場所での撮影は、顔色が悪く見えてしまいます。自然光や明るい場所で撮影するようにしましょう。

4. 髪型や服装が整っていない

写真写りを良くするためには、 髪型や服装も重要です。自分に似合う 髪型や服装を心がけましょう。

5. カメラの性能が悪い

カメラの性能が悪いと、どうしても写真写りが悪くなってしまいます。高性能なカメラで撮影してもらうのも良いでしょう。

写真写りが悪いからといって、自分がイケメンではないと悩む必要はありません。ちょっとした工夫で、写真写りを劇的に改善することができます。

1. 表情を意識する

自然な笑顔やリラックスした表情を心がけましょう。鏡の前で練習してみるのもおすすめです。

2. 自分のベストな角度を見つける

色々な角度から写真を撮ってみて、自分が一番良く見える角度を見つけましょう。

3. 照明にこだわる

自然光や明るい場所で撮影するようにしましょう。

4. 髪型や服装を整える

自分に似合う 髪型や服装を心がけましょう。

5. カメラの性能を上げる

高性能なカメラで撮影してもらうのも良いでしょう。

これらのポイントを意識して撮影すれば、写真写りが格段にアップするはずです。

写真写りが良くなれば、自信もつき、より魅力的に見えるようになります。








フォローする