このページにはプロモーションが含まれます


証明写真写りが良くなる方法

スポンサーリンク




スポンサーリンク





証明写真写りが良くなる方法

証明写真は、履歴書やパスポートなど、様々な場面で使用されます。好印象を与えるためには、写りが良いことが重要です。

駅前なので、写真機がありますが、取り直しができないのが残念ですよね。

履歴書には良い写真を貼りたいのに、変な顔や怖い顔になってしまうと

印象も悪いです。

800円ほどと高いので、もう一度取り直しとなると、お金が無駄になってしまいます。

履歴書の写真も自分で用意できればいいんですけどね・・・

マイナンバーカードや運転免許証も、5年間も変えることなく、この写真のままでいなきゃいけないと

なると、本当にしんどいです。誰にも見せたくないです。

撮影前にできること

  • 服装: 清潔感のある服装をしましょう。スーツやオフィスカジュアルなどがおすすめです。
  • 髪型: 顔にかからないように整えましょう。前髪は目にかからないようにしましょう。
  • メイク: ナチュラルメイクを心がけましょう。派手なメイクは避け、顔色を良く見せる程度にしましょう。
  • 表情: 自然な笑顔を意識しましょう。口角を上げ、目元に光を添えると良い印象になります。

撮影時にできること

  • 姿勢: 背筋を伸ばし、胸を張りましょう。猫背にならないように注意しましょう。
  • 顔の角度: カメラに対して正面を向き、目線をカメラに合わせましょう。
  • 照明: 顔が明るく写るように、照明を調整しましょう。
  • 写真機: 画質の良い写真機を選びましょう。
  • 修正: どうしても写りが気に入らない場合は、写真店で修正してもらうこともできます。








フォローする