このページにはプロモーションが含まれます


ブルーベリーよりも目に良い食べ物とは

スポンサーリンク




ブルーベリーは目に良い果物として有名ですが、

実はブルーベリーよりも目に良いとされる食べ物があります。

カシス

カシスは、ブルーベリーよりも多くのアントシアニンを含む果物です。アントシアニンは、目の網膜にあるロドプシンという色素を再生する働きがあり、視力回復や眼精疲労の回復に効果があるとされています。

プルーン

プルーンは、ビタミンA、C、E、ルテイン、ゼアキサンチンなど、目に良い栄養素が豊富に含まれています。特に、ビタミンAは目の粘膜を保護し、乾燥を防ぐ効果があります。

レバー

レバーは、ビタミンA、B1、B2、C、D、E、鉄分、亜鉛など、目に良い栄養素が豊富に含まれています。特に、ビタミンAは目の粘膜を保護し、乾燥を防ぐ効果があります。

目に良いとされる食べ物はたくさんあります。

  • 緑黄色野菜(ほうれん草、ブロッコリー、小松菜など)
  • 魚(青魚、イワシ、サバなど)
  • ナッツ類

これらの食べ物をバランス良く摂取することで、

目の健康を維持することができます。

注意点

これらの食べ物は、あくまでも目の健康を維持するための補助的なものです。視力低下や目の病気の予防・治療には、定期的に眼科を受診することが大切です。








フォローする