このページにはプロモーションが含まれます


顔色が悪いと言われる?

スポンサーリンク




顔色が悪いと言われると、心配になりますよね。

睡眠不足

睡眠不足は、顔色が悪く見える原因の一つです。睡眠不足になると、血行が悪くなり、顔色が青白くなったり、くすんだりします。

栄養不足

栄養不足も、顔色が悪く見える原因の一つです。特に、鉄分やビタミンB12などの栄養素が不足すると、貧血になり、顔色が青白くなります。

ストレス

ストレスも、顔色が悪く見える原因の一つです。ストレスが溜まると、自律神経が乱れ、血行が悪くなったり、肌荒れを起こしたりします。

病気

顔色が悪い場合、病気の可能性もあります。例えば、貧血、肝臓病、腎臓病、甲状腺機能低下症などの病気では、顔色が悪く見えることがあります。

メイク

メイクが原因で、顔色が悪く見えることもあります。例えば、ファンデーションの色が肌に合っていない場合や、チークやリップなどの色が薄すぎる場合、顔色が悪く見えてしまいます。

上記を確認しても、顔色が悪い原因がわからない場合は、病院を受診することをおすすめします。

はじめしゃちょーが小麦粉抜きの食事を始めた理由 動画の中ではじめしゃちょーは、小麦粉を抜くことで、体質改善や健康維持に役立つのではない...
毛穴の黒ずみ汚れにお悩みの方には、W洗顔不要のクレンジングがおすすめです。W洗顔不要のクレンジングは、メイクを落とすだけでなく、毛穴の汚れも...








フォローする