このページにはプロモーションが含まれます


「しか勝たん」とはどうゆう意味?由来は?不快に感じる?

スポンサーリンク




「しか勝たん」は、「~しか勝たない」、つまり「~がいちばんだ、~が最高だ、~しかない、~に勝るものはない」という意味の言葉です。

この言葉は、もともとアイドルファンの間で使われていた「推ししか勝たん」が元になっています。「推し」とは、自分が一番好きなアイドルのことです。

  • 自分の好きなものを褒めるとき
  • 自分の推しのアイドルをアピールするとき
  • 自分の意見を強く主張するとき

  • うちの猫は世界で一番かわいい。猫しか勝たん。
  • このラーメン、めっちゃうまい。ラーメンしか勝たん。
  • 彼は私の理想の彼氏。彼しか勝たん。

「しか勝たん」は、強い肯定の気持ちを表現する言葉です。しかし、使い方によっては、相手を否定しているように聞こえてしまうこともあるので、注意が必要です。

スポンサーリンク





「しか勝たん」由来

「しか勝たん」は、もともとアイドルファンの間で使われていた「推ししか勝たん」が元になっています。「推し」とは、自分が一番好きなアイドルのことです。

「推ししか勝たん」は、2016年頃から女性アイドルオタクの間で使われ始めました。自分の推しが一番いい、一番かわいい、といったように推しを称賛する際に「推ししか勝たん」と言い始めたのが起源だとされています。

「推ししか勝たん」は、2019年頃から一般層にも広まりました。これは、アイドルファン以外の人も、自分の好きなものを積極的にアピールするようになったためと考えられます。

  • 自分の好きなものを全肯定する
  • 自分の推しのアイドルを一番に推す
  • 自分の意見を強く主張する

「しか勝たん」は、強い肯定の気持ちを表現する言葉です。しかし、使い方によっては、相手を否定しているように聞こえてしまうこともあるので、注意が必要です。

  • うちの猫は世界で一番かわいい。猫しか勝たん。
  • このラーメン、めっちゃうまい。ラーメンしか勝たん。
  • 彼は私の理想の彼氏。彼しか勝たん。

「しか勝たん」は、SNSでハッシュタグとして使われることも多いです。

「しか勝たん」は不快?

「しか勝たん」という言葉が不快に感じられる理由

1. 排他的な印象を与える

「しか勝たん」という言葉は、「他のものはすべて劣っている」というような、排他的な印象を与えてしまうことがあります。これは、他のものを否定しているように聞こえてしまうため、不快に感じる人がいるのでしょう。

2. 幼稚な印象を与える

「しか勝たん」という言葉は、語尾が「~しか勝たん」というように、幼児のような言い方をしているため、幼稚な印象を与えてしまうことがあります。そのため、大人から見ると、不快に感じる場合もあるでしょう。

3. 流行語だから

「しか勝たん」という言葉は、2019年頃から流行語として使われ始めました。流行語は、使いすぎて飽きてしまうことがあります。そのため、「しか勝たん」という言葉も、流行語だからという理由で、不快に感じる人がいるのでしょう。

4. 単純な表現

「しか勝たん」という言葉は、「~が一番良い」という気持ちを伝えるには、あまりにも単純な表現だと言えるでしょう。もっと具体的な言葉で気持ちを伝えれば、相手に不快な印象を与えずに済むかもしれません。

「しか勝たん」という言葉は、使い方によっては、相手を否定しているように聞こえてしまうこともあるので、注意が必要です。どうしても使いたい場合は、相手との関係性や状況をよく考えて使うようにしましょう。

「しか勝たん」の代わりに使える表現

  • 「~が一番好き」
  • 「~が一番良いと思う」
  • 「~に勝るものはない」
  • 「~は最高だ」
  • 「~は最強だ」

これらの表現は、「しか勝たん」よりも丁寧で、

相手に不快な印象を与える可能性が低くなります。








フォローする