このページにはプロモーションが含まれます


メイクしてるのに薄いと言われる、メイクしてるのにすっぴんに見える原因


今日はすっぴん?と聞かれてしまう。

化粧しているのに、メイクしているように見えない・・・

すごく悩む・・・

ナチュラルメイクが好きだけど、

化粧してないように見えてるなんて・・・

なんかショック( *´艸`)

メイクをしているのに、今日はお化粧はしているのかと友人や職場の人に言われた経験のある人が多いです。

ファンデーションを塗ったり、アイメイクをしているのに、メイクが薄いと言われているのは理由があります。

眉は顔の印象を左右するパーツなので、眉毛専用シェーバー、カミソリなどを使って整えたり、抜け毛を抜いておきましょう。

眉毛のお手入れをしていないとボサボサだったり、眉毛が薄い人はメイクをしても映えない、薄いと感じられることが多いです。
アイブロウやペンシルなどを使って、丁寧に眉毛を描くことで顔の印象が変わり、メイク映えがするようになります。
メイクが薄いと思われている時は、ベースメイクに時間を掛けてみると良いでしょう。

シミやそばかすが目立っていると、ベースメイクをしていないと思われるので、コンシーラーでカバーしたり、自分の顔色に合ったコントロールカラーを下地に塗ることで透明感のある肌になれますよ。

スポンサーリンク





化粧しても濃くならないのはなぜ?

メイクをしているのに薄いと言われてしまったり、メイク映えがしないので悩んでいる人が少なくありません。

メリハリのある彫りの深い顔立ちに比べると、平たい顔立ちの人はファンデーションを塗っただけでは、立体感を出すのは難しくなります。
自分の肌色に合ったコントロールカラーを下地に塗ったり、濃い色と薄い色のファンデーションを使って陰を作ることで、顔にメリハリができたり、透明感が出てきます。
化粧下地を塗ることで、ファンデーションののりが良くなったり、長持ちするようになりますよ。
メイク映えがしない原因には、眉毛をきちんと整えていない、描いていないなどがあります。
眉毛を整えることでメイク映えがしますし、まつ毛をカールさせてマスカラを塗ると目元の印象が変わります。
つけまつ毛やカラコンを入れることで、眼力をアップできますよ。








フォローする