このページにはプロモーションが含まれます


口が臭い・・・歯磨きしても口臭が気になる、原因は?

スポンサーリンク




口腔内の原因

  • 歯周病: 歯周病は、歯周ポケットと呼ばれる歯と歯茎の間の溝に細菌が溜まることで起こる炎症です。歯周病になると、歯茎が腫れたり、出血したり、膿が出たりすることがあり、これが口臭の原因となります。
  • 虫歯: 虫歯になると、歯に穴が開き、そこに食べかすなどが溜まって腐敗し、口臭の原因となります。
  • 舌苔: 舌の表面に白い苔状の汚れが付着する舌苔は、口臭の原因となる細菌の住処となります。
  • 口腔乾燥: 唾液の分泌量が減少すると、口内が乾燥し、細菌が繁殖しやすくなり、口臭の原因となります。
  • 詰め物・被せ物の不適合: 詰め物や被せ物が劣化したり、適合が悪くなったりすると、その隙間に入り込んだ食べかすなどが腐敗し、口臭の原因となります。

口腔以外の原因

  • 内科的疾患: 胃腸障害、肝臓病、糖尿病などの内科的疾患が原因で口臭が発生する場合があります。
  • ストレス: ストレス過多により、唾液の分泌量が減少して口臭が発生する場合があります。
  • 喫煙: 喫煙は口臭の原因となる物質を多く含むため、口臭が発生しやすくなります。
  • 飲酒: アルコールは唾液の分泌量を減少させ、口臭の原因となります。

対策

口腔内の原因の場合

  • 歯磨き: 歯磨きを丁寧に行い、歯垢や食べかすをしっかりと取り除きましょう。歯間ブラシやデンタルフロスも併用すると効果的です。
  • 舌磨き: 舌ブラシを使って舌苔を除去しましょう。
  • 歯科医院での検診・治療: 歯周病や虫歯などの口腔内の疾患は、歯科医院で治療を受ける必要があります。
  • 口臭予防歯磨き粉・マウスウォッシュ: 口臭予防効果のある歯磨き粉やマウスウォッシュを使用するのも効果的です。

口腔以外の原因の場合

  • 内科的疾患の治療: 内科的疾患が原因で口臭が発生している場合は、その疾患の治療を受ける必要があります。
  • ストレス解消: ストレスを解消することで、唾液の分泌量を増やし、口臭を予防することができます。
  • 禁煙: 喫煙は口臭の原因となるため、禁煙しましょう。
  • 節酒: アルコールの摂取量を控えましょう。

  • 十分な睡眠: 睡眠不足は唾液の分泌量を減少させるため、十分な睡眠をとるようにしましょう。
  • 水分補給: 水分をこまめに補給することで、口内を潤し、口臭を予防することができます。

歯磨きしても口臭が気になる場合は、上記の対策を試してみてください。それでも改善されない場合は、歯科医院や内科を受診することをおすすめします。








フォローする