塩顔はイケメンじゃない?ソース顔、しょうゆ顔、マヨネーズってどんな顔?

スポンサードリンク
                スポンサードリンク




近頃、よく聞く塩顔イケメン。

塩顔、しょうゆ顔、ソース顔、など色々例えられますが、一体どんな顔のことなの?

調味料に例えられるのはなぜ?と不思議に感じます。

塩顔はイケメンと言われることもあれば、塩顔は特にイケメンじゃないと言われることもしばしば・・・。

塩顔は、韓国俳優や一般の人にも実は多いと言われていたりします。

そもそも塩顔って何?と感じたので調べてみました。

塩顔とは、あっさりとした印象

一重まぶたや、奥二重の瞳。

大きな二重まぶたの人とは正反対の顔ということです。

肌の色は、どちらかと言えば、色白、白め、

ワイルド風ではなく中性的な感じ。

塩顔イケメンは、親しみやすく、誰とでも仲良くしてくれそうな印象とのことです。

ソース顔は、日本人離れした、濃い顔です。

しょうゆ顔は、日本人らしいスッキリとした顔立ちのこと。顔の凹凸がはっきりとしているわけではないけれど、顔立ちとしては整っている。

濃いわけでもなく、薄いわけでもない顔立ちのことをしょうゆ顔と表現されています。

最近では、塩顔だけでなく、マヨネーズ顔や塩とんこつ顔もあるんですよね。

マヨネーズ顔ってどんな顔?

童顔でなおかつ色気があり、程よく濃い顔のことを

マヨネーズ顔というのです。

1980年代は、いわゆる外国人のようなソース顔が美男子と一般的にはされていた時代ですが、最近では日本人特有のあっさりとした顔立ちが人気です。

ソース顔やしょうゆ顔は、男前だけど

若干近寄りにくい、そんな印象とのことでした。

塩顔イケメンは、メガネが似合う知的な印象の人が多い。

塩顔は女性からモテる?人気なのはなぜ?

塩顔は、中性的でかわいいイメージなので、安心感を感じたい女性には人気です。

落ち着いた雰囲気、優しそうな印象、日頃はクールでミステリアスだけど、笑った顔のギャップ感、などさまざまな点が女性にとって魅力的のようです。

スポンサードリンク
                スポンサードリンク