このページにはプロモーションが含まれます

スポンサーリンク




仕事中死ぬほど眠い、眠気が耐えられない・・・一瞬意識が飛ぶ




仕事中に眠くて耐えられないときは

すぐにできる対処法

  • 顔を洗う
  • 冷たい水やお茶を飲む
  • ストレッチをする
  • 深呼吸をする
  • ツボを押す (合谷、風池、百会など)
  • 場所を変えて仕事をする
  • 軽い運動をする

根本的な解決策

  • 睡眠時間を確保する (一般的には7時間程度)
  • 規則正しい生活を送る
  • 睡眠の質を上げる (寝る前にスマホやパソコンを見ない、カフェインを控えるなど)
  • 適度な運動をする
  • バランスの良い食事を摂る
  • ストレスを溜めない

それでも眠気が改善されない場合は、病気が原因の可能性もありますので、医師に相談することをおすすめします。

顔を洗う

冷たい水で顔を洗うと、目が覚め、頭がすっきりします。洗面台に行けない場合は、濡れタオルで顔を拭くだけでも効果があります。

冷たい水やお茶を飲む

冷たい水やお茶を飲むと、体温が下がり、眠気が覚めます。カフェインが含まれているお茶は、さらに効果が期待できます。ただし、カフェインの過剰摂取は心臓に負担をかけるので、注意が必要です。

ストレッチをする

ストレッチをすると、体が目覚め、血行が促進されます。特に、首や肩のストレッチが効果的です。

深呼吸をする

深呼吸をすると、脳に酸素が行き渡り、眠気が覚めます。ゆっくりと深呼吸を数回繰り返してみてください。

ツボを押す

合谷、風池、百会など、眠気覚ましの効果があるツボを押すのも効果的です。ツボ押しは、指で押したり、ツボ押し棒を使ったりして行います。

場所を変えて仕事をする

いつも同じ場所で仕事をしていると、眠くなりやすいです。場所を変えて仕事をすることで、気分転換になり、眠気が覚めます。

軽い運動をする

軽い運動をすると、体が目覚め、血行が促進されます。散歩や軽いジョギングなど、無理のない範囲で行うようにしましょう。

睡眠時間を確保する

睡眠不足は、眠気の主な原因です。できるだけ毎日7時間程度の睡眠時間を確保するようにしましょう。

規則正しい生活を送る

規則正しい生活を送ることで、体内時計が整い、質の高い睡眠をとることができます。毎日同じ時間に寝起きするようにしましょう。

睡眠の質を上げる

寝る前にスマホやパソコンを見たり、カフェインを摂取したりすると、睡眠の質が低下します。寝る前はリラックスできるような過ごし方をしましょう。

適度な運動をする

適度な運動は、睡眠の質を向上させる効果があります。ただし、寝る直前に激しい運動をすると、逆に眠れなくなる可能性があるので注意が必要です。

バランスの良い食事を摂る

バランスの良い食事を摂ることで、体の疲労を回復することができます。特に、ビタミンB群や鉄分を含む食品を積極的に摂取するようにしましょう。

ストレスを溜めない

ストレスは、睡眠の質を低下させる原因となります。ストレスを溜めないように、適度にリフレッシュするようにしましょう。

これらの方法を試しても眠気が改善されない場合は、病気が原因の可能性もありますので、医師に相談することをおすすめします。








フォローする