このページにはプロモーションが含まれます

スポンサーリンク




フレネミー男性の特徴、職場にいて厄介・・・




フレネミーとは、「Friend(友達)」と「Enemy(敵)」を組み合わせた造語で、表面上は友好的に接しながら、陰では悪口を言ったり、足を引っ張ったりするような人のことを指します。

職場でフレネミー男性と関わると、仕事や人間関係に悪影響を及ぼす可能性があり、非常に厄介です。

女性に多い印象ですが、男性にもやはりいるんですよね。

足の引っ張り合い、嫉妬、嫌ですね。

フレネミー男性の特徴

  • 表面上は友好的
    • 親身に相談を持ちかけてきたり、褒め言葉を言ってくれたりする。
    • 共通の話題を持ち出して仲良くなろうとする。
    • 笑顔で接し、協力的であるように見える。
  • 陰では悪口を言う
    • 他の同僚にあなたの悪口を言ったり、噂を広めたりする。
    • あなたの失敗を嘲笑したり、批判したりする。
    • あなたのいないところで陰口を言う。
  • あなたを利用しようとする
    • あなたの情報を聞き出そうとしたり、仕事を押し付けようとしたりする。
    • あなたの成果を横取りしようとしたりする。
    • あなたを自分の出世の道具として利用しようとする。
  • 二枚舌を使う
    • あなたの前では良いことを言うが、裏では別のことを言う。
    • 状況に合わせて態度を変える。
    • 本心が見えにくい。

フレネミー男性への対処法

  • 距離を置く
    • できるだけ関わらないようにし、必要最低限のコミュニケーションに留める。
    • 二人きりで話すことを避ける。
    • 距離を置くことで、悪口や陰口を言われる可能性を減らすことができる。
  • 関わらない
    • 話しかけられても、必要最低限の返答しかしない。
    • 誘いにも乗らない。
    • 無視をするのも一つの方法。
  • 証拠を残す
    • 悪口を言われたり、足を引っ張られたりした場合、証拠を残しておく。
    • メールやLINEのやり取り、録音、目撃者の証言などを証拠として保存する。
    • 証拠があれば、相手を注意したり、会社に報告したりすることができる。
  • 上司や同僚に相談する
    • 信頼できる上司や同僚に相談することで、アドバイスをもらったり、助けを求めることができる。
    • 複数人で対策を立てることで、より効果的に対処できる。
  • 転職を考える
    • 職場環境が改善されない場合は、転職を考えるのも一つの方法。
    • フレネミー男性がいる職場で働き続けることは、精神的な負担が大きくなります。
    • 転職することで、より良い環境で働くことができる。

フレネミー男性は、巧妙な方法であなたを騙そうとしたり、

利用しようとしたりします。

常に警戒を怠らず、相手の言動をよく観察することが大切です。

また、自分自身もフレネミーにならないように注意しましょう。








フォローする