このページにはプロモーションが含まれます

スポンサーリンク




仕事がないのに残業する人の心理とは?




仕事上の理由

  • 仕事への責任感:仕事が終わっていないのに帰るのは気が済まない、という責任感の強い人がいます。
  • 完璧主義:完璧主義者の人は、少しでも気になる点があると、修正に時間がかかってしまうことがあります。
  • 時間管理の苦手:時間管理が苦手な人は、仕事の時間内に終わらせられるはずの仕事でも、残業になってしまうことがあります。
  • スキル不足:スキル不足の人は、仕事に時間がかかってしまうことがあります。
  • 仕事量が多い:単純に仕事量が多すぎて、定時内に終わらないことがあります。
  • 締め切りが近い:締め切りが近いと、どうしても残業が必要になることがあります。

私的な理由

  • プライベートが充実していない:プライベートが充実していない人は、会社に残って時間を過ごした方が楽だと感じる場合があります。
  • 家に行きたくない:家庭環境などが原因で、家に行きたくない人がいます。
  • 人間関係:職場で居心地が良く、残って同僚と話をしたいという人もいます。
  • 残業代稼ぎ:生活費や趣味の費用など、お金が必要で残業代を稼ぎたいという人もいます。

その他の理由

  • 会社に残っている方が安心する:会社に残っている方が安心感を得られる人もいます。
  • 時間を持て余す:仕事がないと、時間を持て余してしまうことがあります。

仕事がないのに残業することは、健康面やプライベート面で問題になることがあります。残業が多い場合は、仕事量や時間管理を見直し、必要であれば上司に相談することが大切です。








フォローする