このページにはプロモーションが含まれます

スポンサーリンク




距離を置くと言った側が寂しくなる心理




1. 相手への愛情や依存

距離を置くことを提案したとしても、相手への愛情や依存がまだ残っている場合、寂しさを感じるのは自然なことです。一緒に過ごしていた時間や習慣がなくなり、相手との繋がりを感じにくくなることで、孤独感や喪失感を味わうことがあります。

2. 関係の不安

距離を置くことで、関係が悪化したり、別れることへの不安が頭をよぎることも理由の一つです。距離を置くことで関係が改善される可能性もあれば、悪化してしまう可能性もあるため、不安な気持ちを抱えてしまうのです。

3. コントロール欲求

相手との距離をコントロールしたいという欲求が、寂しさに繋がる場合もあります。距離を置くことで相手を振り向かせようとしたり、自分の思い通りに関係を動かそうとしたりすることが、裏目に出て寂しさを感じる場合もあります。

4. 後悔

距離を置くことを提案したことを後悔し、寂しさを感じる場合もあります。距離を置くことが本当に必要だったのか、もっと他に解決方法があったのではないか、といった考えが頭をよぎり、後悔の念に駆られることがあります。

5. 自己肯定感の低下

距離を置くことで、相手から愛されていないのではないか、自分には価値がないのではないか、といった考えが頭をよぎり、自己肯定感が低下してしまう場合もあります。

6. 変化への恐怖

慣れ親しんだ関係が変わることに対する恐怖が、寂しさに繋がる場合もあります。距離を置くことで、今まで築き上げてきたものが壊れてしまうのではないか、という不安を抱えることがあります。

7. 空白時間の増加

相手と過ごしていた時間が減ることで、生活の中に空白時間が増え、寂しさを感じる場合もあります。特に、一人で過ごすことに慣れていない人は、空白時間をどのように過ごせば良いのか分からず、寂しさを感じやすくなります。

8. 相手の気持ちへの不安

距離を置いている間に、相手の気持ちが離れてしまうのではないか、という不安が寂しさに繋がる場合もあります。相手がどのように過ごしているのか、誰と会っているのか、といったことが分からず、不安な気持ちを抱えてしまうことがあります。

9. 未来への不確実性

距離を置いた後の関係がどうなるのか、という不確実性が寂しさに繋がる場合もあります。関係が修復できるのか、別れることになるのか、といったことが分からず、不安な気持ちを抱えてしまうことがあります。

対処法

  • 距離を置く理由を明確にする
  • 相手とのコミュニケーションを大切にする
  • 自分の気持ちに正直になる
  • 一人で過ごす時間を充実させる
  • 新しいことに挑戦してみる








フォローする