このページにはプロモーションが含まれます


両思いなのにすれ違いが起こってしまう原因


両思いなのにすれ違いが起こってしまう原因は、

いくつか考えられます。

  • 誤解

ちょっとした言葉や態度が誤解を生んでしまうことがあります。

一番の原因としては、気持ちを伝えないまま素直になれないことです。

本当は好きなのにデートに誘えない

他の人に興味があるふりをしてしまう

今度どこかに行こうよ、おいしい料理店に行ってみない?など

好きな人だからこそ慎重になりすぎて誘えない

相手も好意に気づかないまま・・・

わたしのことはそんなに興味ないのかなと思わせてしまう

誤解が起きる。好きだったけど進展しないし諦めようとなってしまう。

  • コミュニケーション不足

お互いの気持ちを伝え合ったり、

確認したりする機会が不足していると、すれ違いが起こりやすくなります。

  • タイミング

気持ちがすれ違うタイミングというのは、

誰にでも訪れます。

あの時は好きだったけど、今はもうそんなに会いたいと思うほどでもない

気持ちが冷めてしまうこともありますね。

すごく好きなんだよって時に、夜会いたいと思う気持ちが

満たされず、会えず寂しいまま・・

好きで好きでたまらないのに伝えない。

相手からも会いたいとは言われない・・・

そうすると、日にちが経つたびにどんどん気持ちが冷めてしまう

もういいや、あの人のことは

縁がないかもな・・・

どうせうまくいかない・・・

他の人を探したほうがいいかもな

異性なんていくらでもいるし。

素敵な人にまた出会えるよねきっと。

と諦めてしまう。

  • 性格の違い

性格の違いによって、愛情表現やコミュニケーションの

仕方が異なる場合があります。

  • 環境の変化

仕事や学校など、環境の変化によって、気持ちに余裕がなくなったり、相手と接する時間が減ったりして、すれ違いが起こりやすくなります。

解決策

  • 話し合い

誤解を解いたり、お互いの気持ちを伝え合ったりするためには、話し合いが大切です。

  • 気持ちを伝える

自分の気持ちを素直に伝えることで、

相手も安心して気持ちを伝えられるようになります。

  • 距離を縮める

一緒に時間を過ごしたり、共通の趣味を楽しんだりすることで、距離を縮めることができます。

  • 時間をかける

すれ違いはすぐに解決するものではありません。

時間をかけて、ゆっくりと解決していくことが大切です。








フォローする