このページにはプロモーションが含まれます

スポンサーリンク




悪口を言われると運気が上がる?陰口言われる人は実は幸運なのか?




悪口を言われると運気が上がるという明確な根拠はありません。しかし、スピリチュアル的な考え方や、心理学的な見解から、悪口を言われることで運気が上がる可能性も考えられます。

スピリチュアル的な考え方

スピリチュアルな世界では、人には自分を守ってくれる守護霊が存在するとされています。悪口のような負のパワーが向けられると、守護霊がそれを察知して、より強力な力であなたを守ってくれるという考え方があります。

また、悪口を言われることで、潜在意識に火がつき、目標達成に向けてより一層努力するようになるという考え方もあります。

心理学的な見解

心理学的な見解では、悪口を言われることで、「逆説的意図」と呼ばれる心理現象が起こることがあります。これは、悪口を言われることで、意図的に反対のことを行おうとする心理です。

例えば、「あなたは頭が悪い」と言われると、「自分は頭が良い」と証明しようと、より一層勉強に励むようになるというケースです。

負の感情をバネにして、自分を良い方向に変えていくチャンスということですね。

悪口を幸運に変えるために

  • 悪口を気にしない
  • 悪口を言っている人のことを理解しようとする
  • 悪口を言われたことを、自分自身を成長させるための糧にする

悪口を気にせず、自分自身のことに集中することで、運気を下げずに過ごすことができます。

また、悪口を言っている人のことを理解しようとすることで、悪口を言われる理由が見えてくるかもしれません。

さらに、悪口を言われたことを、自分自身を成長させるための糧にすることで、より良い自分へと成長することができます。

ひろゆきさんは言っていた。

陰口って、不幸な人には言わないものなのよ、

自分よりも上の人に言うものなの。

だから陰口言われるって実は幸せなことなんだって。

本当に下に見られてたら、陰口って実は言われないということらしい。

幸せな人は基本は人に意地悪しないものだよ。
他人に意地悪なことをする人って、可哀想な人なんだ。
だから、あの人可哀想だなって目で見て、
あの人が幸せになりますようにって願えばいいの。心の中で。








フォローする