このページにはプロモーションが含まれます


昔好きだった人にはもう会わないほうがいい?昔好きだった人を思い出す心理とは

スポンサーリンク




1. 単純に良い思い出として

一緒に過ごした楽しい時間や、幸せな思い出をふと思い出すことがあります。特に、心が疲れている時や、孤独を感じている時は、過去の温かい思い出に心が惹かれるのかもしれません。

2. 成長を感じた瞬間

昔好きだった人と過ごした時間は、自分にとって大きな成長の糧となったことがあるでしょう。当時の自分を振り返り、あの時があったから今の自分があると実感すると、自然と相手のことを思い出すことがあります。

3. 未練がある

別れた相手の場合、まだ気持ちが完全に整理できていない可能性があります。もっと一緒にいたかったもう一度やり直したいという気持ちを抱えていると、ふとした瞬間に相手を思い出してしまうことがあります。

4. 現状に不満を感じている

現在の恋愛や生活に不満を感じている時、過去の恋愛を美化して思い出すことがあります。あの頃はもっと幸せだったという気持ちから、昔の相手に執着してしまうこともあるでしょう。

5. 偶然のきっかけ

昔の相手と共通の話題に触れたり、同じ場所を訪れたりすると、自然と相手のことを思い出してしまうことがあります。匂い音楽などの五感に訴える刺激も、記憶を呼び起こすきっかけとなります。

6. 潜在意識に影響

自分自身が意識していないレベルで、潜在意識が昔の相手に執着している場合があります。過去の恋愛がトラウマになっている場合、その影響で同じような恋愛を繰り返してしまうこともあります。

7. 単なる脳の働き

脳は、記憶を忘れるという機能よりも記憶を保存するという機能の方が優れています。そのため、過去の恋愛の記憶が完全に消えることはなく、ふとした瞬間に思い出すことがあります。

昔好きだった人や初恋の人は、特別な人でもある。

もうすでに割り切っている場合は、お互いに既婚者でそれなりに今が幸せという場合は、再会しても自然に話せるようになれます。

ただ、片方にはまだ未練があったり、どこかでこの人と・・と期待がある場合は、

会わないほうがいいかもしれないですね。

特に、相手がもうすでに既婚者だったりする場合は、思い通りにならない可能性や

自分が傷ついてしまう可能性もあるからです。








フォローする