このページにはプロモーションが含まれます

スポンサーリンク




通勤1時間半のメリット・デメリット、通勤だけできついので退職を考える?




メリット

家賃や住宅価格の選択肢が広がる

通勤時間が長くなればなるほど、住む場所の選択肢が広がります。都市部よりも家賃や住宅価格が安い郊外に住むことも可能になります。

読書や勉強、趣味の時間を作れる

通勤時間を有効活用すれば、読書や勉強、趣味の時間を作ることができます。移動時間を自己啓発やリフレッシュに充てることで、生活をより充実させることができます。

運動不足解消になる

自転車や徒歩で通勤することで、運動不足解消になります。健康維持やダイエットにも効果的です。

ストレス解消になる

通勤時間を使って音楽を聴いたり、景色を楽しんだりすることで、ストレス解消になります。

一人の時間を確保できる

通勤時間は、周囲に邪魔されずに一人の時間を確保できます。考え事をしたり、リラックスしたりするのに最適な時間です。

デメリット

自由時間が減る

通勤時間が長くなればなるほど、自由時間が減ります。仕事や家事の時間を考えると、プライベートの時間が確保しにくくなります。

疲労が溜まる

通勤ラッシュや長時間移動による疲労は、心身に大きな負担となります。ストレスや体調不良の原因にもなります。1時間半は結構遠いので、それだけでも退職を考えますよね。引っ越すことも視野に入れたほうがいいかもしれません。

職場が近すぎてもデメリットはありますが、遠すぎると、それだけで疲れてしまいます。

睡眠時間が減る

通勤時間が長くなると、睡眠時間が減ってしまいます。睡眠不足は集中力や判断力の低下、健康への悪影響など様々な問題を引き起こします。

交友関係が狭まる

通勤時間が長くなると、友人や家族との時間が減ってしまいます。交友関係が狭まることで、孤独を感じやすくなったり、ストレスが溜まったりする可能性があります。

仕事へのモチベーションが低下する

長時間通勤による疲労やストレスは、仕事へのモチベーションを低下させてしまいます。

転勤の可能性が高くなる

通勤時間が長い場合、転勤の可能性が高くなります。転勤は、家族や友人との別れ、新しい環境への適応など、様々な負担が伴います。

まとめ

通勤1時間半にはメリットとデメリットがあります。それぞれのメリットとデメリットをよく理解した上で、自分に合った通勤時間を選ぶことが大切です。

職場からまともな人いい人が辞めていく








フォローする