このページにはプロモーションが含まれます


膝のガサガサを治す方法


スポンサーリンク





膝のガサガサを治す方法

膝のガサガサは、乾燥、角質の肥厚、摩擦などの原因によって起こります。以下に、それぞれの原因に対する治し方を紹介します。

乾燥

膝は皮脂腺が少ないため、乾燥しやすい部位です。

入浴時に、熱いお湯で長時間洗わない。

  • 入浴後は、すぐに保湿クリームを塗る。
  • 保湿クリームは、尿素やセラミドなどの保湿成分が配合されているものを選ぶ。
  • 加湿器を使って、室内の湿度を調整する。

角質の肥厚

乾燥によって古い角質が溜まると、膝がガサガサになります。角質を柔らかくして取り除くためには、以下のような方法があります。

  • 入浴時に、ボディタオルで優しく角質をこする。
  • ピーリングジェルやスクラブ剤を使用する。
  • 角質ケア後は、保湿クリームを塗る。

摩擦

ズボンやスカートなどの摩擦によって、膝がガサガサになることがあります。摩擦を防ぐためには、以下のような対策をしましょう。

  • 膝丈以上の服を着る。
  • 膝にパッドを貼る。

その他の原因

アトピー性皮膚炎や乾癬などの皮膚疾患が原因で、膝がガサガサになることもあります。これらの疾患が疑われる場合は、皮膚科を受診しましょう。

生活習慣の改善

膝のガサガサを治すためには、生活習慣の改善も大切です。

  • 十分な睡眠をとる。
  • バランスの良い食事を心がける。
  • 水分をこまめに摂取する。
  • ストレスを溜めない。

市販薬

膝のガサガサがひどい場合は、市販薬の保湿クリームや軟膏を使用することができます。尿素やヘパリン類似物質などの保湿成分が配合されているものを選びましょう。

まとめ

膝のガサガサは、乾燥、角質の肥厚、摩擦などの原因によって起こります。それぞれの原因に対する適切な対策を講じることで、改善することができます。








フォローする