このページにはプロモーションが含まれます


酢玉ねぎの健康効果、作り方は簡単

スポンサーリンク




スポンサーリンク





酢玉ねぎの健康効果

酢玉ねぎは、玉ねぎと酢を組み合わせることで、それぞれの栄養素が相乗効果を発揮し、様々な健康効果が期待できる健康食品です。

主な健康効果

  • 血液サラサラ効果: 玉ねぎに含まれる硫化アリルと酢のクエン酸が、血液をサラサラにし、血栓の形成を抑制する。
  • 高血圧の抑制: 血液をサラサラにする効果により、高血圧の予防・改善に役立つ。
  • 血糖値の上昇抑制: 酢の酸味がα-アミラーゼの働きを抑制し、糖の吸収を緩やかにする。
  • 疲労回復: 玉ねぎに含まれるビタミンB1と酢のクエン酸が、疲労回復効果を発揮する。
  • 腸内環境の改善: 酢の抗菌作用と玉ねぎの食物繊維が、腸内環境を整える。
  • ダイエット: 酢の酸味が満腹感を高め、食欲を抑制する。

作り方

材料

  • 玉ねぎ 1個
  • 酢 200ml
  • 砂糖 大さじ1~2 (お好みで)
  • 塩 少々

手順

  1. 玉ねぎを薄切りにする。
  2. 玉ねぎを塩もみして、しんなりしたら水気を絞る。
  3. 酢、砂糖、塩を混ぜ合わせ、合わせ酢を作る。
  4. 玉ねぎを保存容器に入れ、合わせ酢を注ぐ。
  5. 冷蔵庫で1日~2日漬けたら完成。

ポイント

  • 玉ねぎは薄切りにすることで、酢が浸透しやすくなる。
  • 砂糖の量はお好みで調整してください。
  • 鷹の爪を入れてピリ辛にしたり、生姜を入れて風味を変えたりするのもおすすめです。
  • 冷蔵庫で約1週間保存できます。

注意事項

  • 胃腸が弱い方は、少量から始めましょう。
  • 空腹時に食べると、胃腸を刺激することがあるので、食後に食べるのがおすすめです。

酢玉ねぎは、簡単に作れて健康効果が豊富な健康食品です。毎日の食生活に取り入れて、健康的な生活を目指しましょう。








フォローする