このページにはプロモーションが含まれます


思考が現実化する仕組みとは?

スポンサーリンク




思考が現実化する仕組みは、大きく3つのステップで説明できます。

ステップ1:思考から感情が生まれる

私たちの思考は、常にポジティブな感情とネガティブな感情のどちらかを生み出しています。

例えば、「成功する」「幸せになる」といったポジティブな思考は、喜び、ワクワク感、自信といったポジティブな感情を生み出します。

逆に、「失敗する」「不幸になる」といったネガティブな思考は、不安、恐怖、怒りといったネガティブな感情を生み出します。

ステップ2:感情から行動が生まれる

次に、生まれた感情は私たちの行動に影響を与えます。

ポジティブな感情を感じているときは、積極的に行動したり、周囲の人々に優しく接したりする傾向があります。

逆に、ネガティブな感情を感じているときは、行動が消極的になったり、周囲の人々に攻撃的な態度を取ったりする傾向があります。

ステップ3:行動から結果が生まれる

そして、私たちの行動は結果を生み出します。

ポジティブな行動は、ポジティブな結果を生み出す可能性が高いです。

逆に、ネガティブな行動は、ネガティブな結果を生み出す可能性が高いです。

このように、私たちの思考は感情を生み出し、感情は行動を生み出し、行動は結果を生み出すという連鎖によって、最終的に現実化していくのです。

思考が現実化するメカニズム

1. 脳の働き

私たちの脳には、網状賦活系(RAS)と呼ばれるフィルター機能があります。

RASは、意識的に注目している情報以外を遮断し、重要な情報だけを脳に送る役割を担っています。

つまり、私たちが何に意識を向けているかによって、RASが受け取る情報が変わるのです。

例えば、「あの人が好き」という目標を強く意識していると、RASはあの人に関連する情報ばかりを拾い上げるようになります。

すると、恋愛成就に繋がるチャンスやアイデアが目に留まりやすくなり、結果として恋を叶える可能性が高くなります。

2. 引き寄せの法則

引き寄せの法則とは、「似たもの同士が引き寄せられる」という宇宙の法則です。

私たちが強く意識しているものは、現実世界に引き寄せられると言われています。

つまり、ポジティブな思考を強く意識することで、ポジティブな出来事が引き寄せられるようになります。

逆に、ネガティブな思考を強く意識していると、ネガティブな出来事が引き寄せられるようになってしまいます。

3. 量子力学

量子力学では、粒子は観測されるまで同時に複数の状態に存在する「重ね合わせ」という状態になることがわかっています。

つまり、私たちが意識を向けることで、粒子の状態を確定させることができるのです。

これは、私たちの思考が現実世界に直接影響を与えている可能性を示唆しています。

まとめ

思考が現実化する仕組みは、まだ完全には解明されていません。

しかし、脳の働き、引き寄せの法則、量子力学などの要素が関与していると考えられています。

自分の思考を意識し、ポジティブな思考を強く保つことで、理想の現実を引き寄せることが可能になるでしょう。








フォローする