このページにはプロモーションが含まれます

スポンサーリンク




「あのひとと結婚すればよかった」という恋愛の後悔を抱える人もいる?




「あのひとと結婚すればよかった」と後悔する気持ち、とても辛いですね。

結婚すればよかった、なんて思うということは

その人はあなたにとって、とても大事な人だったんですよね。

今なら、どうするだろう。

あの人と結婚できるように最大限努力するのに・・

あの人に選んでもらえるように自分を磨くのに・・・

言葉で素直に好きだと、行かないでほしいと伝えられるのに。・・

言えずに終わったことほど後悔することはない。

好きだと伝えなかったから、あの人が目の前にいない今がある。

人生というのは、難しい・・

若い時は、若さという武器があり、時間という武器もあり、

まだこれからいい人と出会えるんじゃないか?という期待もあったり、

今はまだ若いし、仕事を頑張りたい。

キャリアを優先したい。

まだ家庭に入りたいとは思わないな。

子供が欲しいなとは思わないなと

思ったりして、

お付き合いしている人からそろそろ結婚。・・

と言われたりしても、なんだか今じゃないんだ・・・と断ってしまうこともあると思う。

ふと周りを見渡せばみんな既婚になったりした時・・・ふと

これでいいんだろうか・・

キャリアを優先してきたけど、やっぱりあの時結婚してればよかったな・・・とふと過去を想い、後悔することもあるんですよね。

まだまだ若いし、いい人に出会えるんじゃないか、

ステキな人に出会えるんじゃないか・・・みたいな期待も

案外裏切られたりする。

やっぱりあの若い時に出会っていたあの人こそが

わたしにとっては一番だったなと振り返ることもある。

あの人以上の人になんて会えたことがない。

貴重な人だったんだ。好みだったし、性格も合ったし。穏やかでケンカもしたことがない。

そんな人がいたら逃しちゃいけない・・・

女性なら、結婚や子供ことで適齢期というものも、あったりして悩む人は多い。

しかし、選んだのは自分だ。

その時その人を選ばなかったのは、なにかの理由があったからなのかも・・・

  • 当時、まだ若かった
  • 周囲の意見に流された
  • 自分に自信がなかった
  • あの人とうまくやっていける確信がなかった
  • 自分の気持ちに正直になれなかった
  • 別の理由があった

理由を明確にすることで、後悔の根源が見えてきます。

もし、当時の選択が自分の本心と違っていたと感じたら、まずは自分自身を許してあげましょう。誰もが完璧ではなく、過去の選択に後悔することは誰にでもあることです。

「あのひと」と結婚していたら、

どんな人生だったかを想像してみましょう。

  • 幸せな家庭を築けていたかもしれない
  • 経済的に安定した生活を送れていたかもしれない
  • 違う子供に恵まれていたかもしれない

しかし、想像と現実には必ずギャップがあります。想像だけで美化しすぎると、現実との落差にさらに苦しむことになりかねません。

大切なのは、「あのひと」と結婚しなかったことによる

「今」の状況を受け入れることです。

  • 今の自分は独身である
  • 今の自分は仕事に集中している
  • 今の自分は新しいパートナーと出会っている

「あのひと」と結婚しなかった人生にも、必ず良い面があります。その面に目を向けることで、前向きな気持ちを取り戻しやすくなります。

失ったものや人はもう取り戻せない。。。

時間も。

なくしたものは美化されていく。

あの時、ああしていたら

あの人に告白すれば。

あの人とお付き合いすれば。

後悔はあるけれど、

もう取り戻せない・・・

自分自身を成長させることで、未来への希望が生まれてきます。

「あのひと」と結婚しなかったことは、決して無駄ではありません。

その経験を糧に、より幸せな人生を歩んでいきましょう。








フォローする