このページにはプロモーションが含まれます

スポンサーリンク




離れたほうがいい、距離を置いた方がいい友達の特徴




スポンサーリンク





距離を置いた方がいい友達の特徴

1. 常にあなたを否定する人

あなたの考えや意見を否定したり、批判ばかりする人は、あなたの成長を妨げる可能性があります。常に否定されることで、自信を失ったり、自己肯定感が低下してしまうことも考えられます。

2. 悪口や陰口が多い人

他人の悪口や陰口を頻繁に言う人は、あなたに対しても同じようなことをしている可能性があります。そのような人と関わっていると、あなたも悪口や陰口を言う習慣が身についてしまうかもしれません。

3. あなたの時間を浪費させる人

いつもくだらないことで時間を浪費させようとする人は、あなたの時間を尊重していないと言えます。あなたの人生には、もっと大切なことに時間を使うべきです。

4. あなたを不幸にする人

一緒にいると、いつも心が疲れたり、落ち込んだりしてしまう人は、あなたにとって良い友達とは言えません。あなたを不幸にする人とは、距離を置くことが大切です。

距離を置く方法

1. 徐々に連絡を減らす

いきなり連絡を絶ってしまうと、相手を傷つけてしまう可能性があります。まずは、徐々に連絡の頻度を減らしていきましょう。

2. 誘いを断る

相手から誘われても、無理に予定を合わせる必要はありません。断る理由を正直に伝える必要はありませんが、あまりにも頻繁に断ると、相手も察するでしょう。

3. 距離を置く理由を伝える

相手との関係を完全に断ちたくない場合は、距離を置く理由を正直に伝えてみましょう。相手も自分の言動を反省するきっかけになるかもしれません。

4. 新しい友達を作る

新しい友達を作ることで、自然と距離を置くことができます。共通の趣味を持つ人と交流したり、新しい友達を見つけることができます。

距離を置くことは悪いことではない

友達関係において、距離を置くことは決して悪いことではありません。むしろ、自分の心身を守るために必要な手段と言えます。自分が本当に大切にしたい人とだけ、深い関係を築いていきましょう。








フォローする