このページにはプロモーションが含まれます


優しい人は戻ってこない・・・突然職場を辞めてしまう?

スポンサーリンク




優しい人が去っていくとき、確かに彼らは静かに、そして多くの言葉を残さずに去っていくことが多いようです。

仕事を辞める時も突然いなくなる人っていますよね。

朝出勤したら、あの子はもうやめたよと上司から言われて

そのまま・・

挨拶もなく引継ぎもしてない!!!と思う人もいるかもしれませんが、

優しい人は、辛い思いをしていたからこそ

その場所を去ったとも言えます。

さよならを言わずに去る・・

優しい人だからこそ、気に入らないことがあっても

上司や同僚とケンカすることもなく穏便に消えます。

1. 相手を傷つけたくない

優しい人は、相手を責めたり、怒鳴ったりして別れを切り出すことを恐れます。相手を傷つけずに、穏便に別れたいという気持ちが強いのです。そのため、何も言わずに去っていくことを選択することがあります。

2. 自分自身を守るため

別れは、優しい人にとっても辛いものです。相手を傷つけたくないという気持ちに加え、自分自身も傷つきたくないという気持ちがあります。そのため、別れを長引かせたり、感情的なやり取りを避けたりするために、何も言わずに去っていくことがあります。

3. 関係を修復できないと諦めている

別れに至るまでに、様々な問題や諍いがあったのかもしれません。優しい人は、関係を修復しようと努力してきたかもしれませんが、最終的に諦めてしまった可能性があります。その結果、何も言わずに去っていくことを選択することがあります。

4. 新しい人生を歩み始める

新たな目標や夢に向かって、新しい人生を歩み始めるために、過去の人間関係を断ち切ることがあります。優しい人は、相手を大切にしながらも、自分自身の未来を選択するために、何も言わずに去っていくことがあります。

5. 相手に気づいてもらいたい

何も言わずに去っていくことによって、相手に自分の大切さに気づいてもらいたいという気持ちも込められていることがあります。相手が自分がいなくなったことに気づき、後悔したり、反省したりすれば、関係を修復できる可能性もあると考えているのかもしれません。

いずれにしても、優しい人が何も言わずに去っていく理由は、複雑であり、一概には言えません。しかし、彼らなりに相手のことを想い、自分なりの決断をした結果であることは確かです。








フォローする