このページにはプロモーションが含まれます

スポンサーリンク




共働き夫婦なのに家事育児をしない夫、離婚率は高い?家事育児から逃げる夫の末路




共働き夫婦にとって、家事育児を分担することは、

夫婦円満のために非常に重要です。

特に、近年は女性の社会進出がますます進み、共働き世帯が当たり前になりつつあります。しかし、夫が家事育児をしない場合、妻の負担は大きくなり、離婚に繋がるケースも少なくありません。

1. 共働き夫婦の家事育児分担と離婚率

「社会生活基本調査」によると、2021年の共働き夫婦の家事育児分担率は、夫が15.4%、妻が84.6%となっています。

これは、夫が家事育児に費やす時間は、妻の約5分の1に過ぎないことを意味します。

妻は家事育児の負担に苦しみ、ストレスを抱えることが多くなります。実際、ある調査では、「家事育児の負担が大きい」と回答した妻の約4割が、「離婚を考えている」と回答しています。

2. 夫が家事育児をしない理由

夫が家事育児をしない理由は、いくつか考えられます。

  • 「家事は女性の仕事」という意識

根強く残る男女の役割分担意識によって、

家事は女性がするものという考えを持っている夫がいます。

  • 仕事への忙しさ

仕事が忙しく、家事育児に時間を割けないという夫もいます。

  • 家事育児のスキル不足

家事育児のスキルがないため、何をすれば良いかわからないという夫もいます。

3. 夫が家事育児をしない場合の対策

夫が家事育児をしない場合、妻は以下の対策を試みることができます。

  • 夫と話し合い、家事育児の分担について話し合う

夫と家事育児の分担について話し合い、互いに納得できる役割分担を決めることが重要です。

  • 家事育児の分担を具体的に決める

どのような家事を誰がいつ行うのか、具体的に決めることで、夫も家事育児に責任を持ちやすくなります。

  • 家事育児のスキルを身につける

夫が家事育児のスキルを身につけることで、妻の負担を軽減することができます。

共働き夫婦にとって、家事育児を分担することは、夫婦円満のために非常に重要です。夫が家事育児をしない場合は、妻が積極的に対策を講じることで、状況を改善することができるでしょう。

家事育児から逃げる夫の末路は、状況によって様々です。

1. 妻の負担増加と夫婦関係悪化

夫が家事育児に積極的に取り組まない場合、妻の負担が大きく増加し、心身ともに疲弊してしまう可能性があります。また、家事育児に対する不満が積もり積もることで、夫婦関係が悪化し、離婚に繋がるケースも少なくありません。

2. 子供との関係悪化

父親が育児に積極的に関わらないと、子供との間に深い信頼関係を築くことが難しくなります。子供は父親に対して愛情を感じにくくなり、反抗的な態度を取ったり、情緒面で問題を抱えたりする可能性もあります。

3. 社会的な信用失墜

近年は、家事育児に積極的に取り組む男性が増えています。そのため、家事育児をしない男性は社会的な信用を失墜し、職場や地域社会で孤立してしまう可能性もあります。

4. 自身の成長の機会損失

家事育児は、子供を育てるだけでなく、自分自身の成長にも繋がる貴重な経験です。家事育児から逃げることは、自身の成長の機会を自ら失っていることにもなります。

5. 後悔と孤独

年齢を重ね、体力や気力が衰えてくると、家事育児をこなすことが難しくなります。そうなった時に、これまで家事育児から逃げてきたことを後悔し、孤独を感じてしまう可能性もあります。








フォローする