このページにはプロモーションが含まれます


共働きなのに私ばかり家事育児、ワンオペ 離婚になるケースも増えている?夫だけ自由でずるいと感じる妻

スポンサーリンク




共働きなのに家事や育児にあまり協力してくれない夫に対して、

「ずるい」と感じてしまう気持ち、とてもよく分かります。

なぜ「ずるい」と感じてしまうのか

  • 家事や育児の負担が自分だけ大きく、不公平だと感じる
  • 夫が自分の自由な時間を優先しているように見える
  • 家事や育児への意識の差が夫婦間にある
  • 自分の頑張りが認められていないように感じる

共働き夫婦が家事・育児をスムーズに分担するためにできること

  • 家事・育児の見える化
    • それぞれが担っている家事・育児を書き出し、見える化する
    • 時間や労力の負担を比較し、不公平があれば調整する
  • 具体的な分担方法を決める
    • 曜日や時間帯ごとに、誰が何をするかを決め
    • それぞれの得意分野や事情を考慮する
  • コミュニケーションをしっかりと取る
    • 家事・育児に対するお互いの考えや思いを共有する
    • 不満や要望は具体的に伝え、解決策を一緒に考える
  • 完璧を目指さない
    • 家事や育児は完璧にこなそうとしない
    • できないことは外注したり、手を抜くことも大切
  • お互いに感謝の気持ちを伝える
    • 家事や育児を分担してくれたことに感謝の気持ちを伝える
    • 些細なことでも、感謝の気持ちを言葉にする

夫に家事・育児への協力を促すためのヒント

  • 具体的な指示を出す
    • 「掃除をしてほしい」ではなく、「○○の掃除を、今日中に終わらせてほしい」と具体的に伝える
  • 家事・育児の大変さを理解してもらう
    • 夫に家事・育児を体験してもらう
    • 家事・育児に関する情報や知識を共有する
  • 褒めてモチベーションを上げる
    • 家事・育児を手伝ってくれたときは、感謝の気持ちを伝え、褒める
    • 些細なことでも、夫の貢献を認める

共働き夫婦が家事・育児を分担することは、夫婦関係を円満に保つためにも重要です。

お互いに協力し合い、家事・育児を負担と捉えず、夫婦で協力して取り組むことが大切です。








フォローする