このページにはプロモーションが含まれます


紫色になったブロッコリーは食べられる?新鮮?茹でたら茶色に変化?

スポンサーリンク




紫色になったブロッコリーも問題なく食べられます。

紫色になったブロッコリーは、寒さや乾燥などのストレスから身を守るために、アントシアニンという色素を生成したためです。アントシアニンはポリフェノールの一種で、健康効果も期待できます。

紫色になったブロッコリーは、緑色のものよりも糖度が高く、甘味を感じやすいと言われています。

紫色になったブロッコリーを美味しく食べる方法

  • 紫色を活かしたい場合は、電子レンジで加熱すると良いでしょう。
  • 緑色に戻したい場合は、沸騰したお湯に塩を少し加えて茹でると良いでしょう。
  • 紫色も緑色も関係なく、栄養価は変わりません。

紫色になったブロッコリーの選び方

  • 花蕾が密で、全体的にずっしりとしているものを選びましょう。
  • 茎が太く、しっかりと締まっているものを選びましょう。
  • 紫色が濃く、鮮やかなものを選びましょう。

紫色になったブロッコリーの保存方法

  • 新聞紙などに包んで、冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。
  • 長期保存したい場合は、冷凍保存も可能です。

スポンサーリンク





ブロッコリーが紫色になる理由

ブロッコリーが紫色になるのは、アントシアニンという色素が生成されるためです。アントシアニンはポリフェノールの一種で、寒さや紫外線などのストレスから植物を守るために生成されます。

新鮮なブロッコリーほど紫色になりやすい

ブロッコリーは寒さに当たると糖度が増し、アントシアニンが生成されやすくなります。そのため、新鮮なブロッコリーは紫色になりやすいのです。

紫色は栄養価の高さの証

アントシアニンは抗酸化作用があり、老化や生活習慣病の予防に効果があるとされています。そのため、紫色になったブロッコリーは栄養価が高いと言えます。

紫色は茹でると緑色になる

アントシアニンは水溶性なので、ブロッコリーを茹でると緑色に戻ります。

紫色のブロッコリーを選ぶ際のポイント

  • 紫色が全体に均一に広がっているもの
  • 蕾が小さく、密集しているもの
  • 茎が太く、しっかりしているもの

紫色のブロッコリーの保存方法

  • 新聞紙などに包んで、冷蔵庫の野菜室で保存する
  • 茹でると紫色が緑色に戻ってしまうので、生で食べる場合は食べる直前に茹でる

ブロッコリーが紫色になるのは、新鮮さの証であり、栄養価が高い証拠です。紫色になったブロッコリーは、ぜひ安心して食べてください。

茹でたら茶色に??

  • 加熱しすぎ: ブロッコリーは熱に弱い野菜です。茹で時間が長すぎると、緑色の色素であるクロロフィルが分解されて茶色くなります。
  • アルカリ性の水: 水に含まれるアルカリイオンが、クロロフィルと反応して茶色くなります。
  • 古いブロッコリー: 鮮度が落ちたブロッコリーは、茶色に変色しやすいです。
  • 品種: 緑色が薄い品種は、茶色に変色しやすいです。

解決策

  • 茹で時間を短くする: 茎は2~3分、花蕾は1~2分程度を目安に茹でましょう。
  • 塩を加える: 塩を加えると、クロロフィルの分解を抑制できます。
  • 酸性の水を使う: レモン汁や酢を少量加えると、水は酸性になり、色鮮やかに茹でられます。
  • 新鮮なブロッコリーを使う: 鮮度の高いブロッコリーを選びましょう。
  • 緑色が濃い品種を選ぶ: 緑色が濃い品種は、茶色に変色しにくいです。

茶色になったブロッコリーについて

茶色になったブロッコリーは、食べても問題ありません。しかし、栄養価は落ちている可能性があります。

  • 茹でたブロッコリーは、すぐに冷水にさらすと、色鮮やかに仕上がります。
  • ビタミンCを壊さないように、電子レンジで加熱するのもおすすめです。








フォローする