このページにはプロモーションが含まれます


実家の片付け どこから始める?進まない、食器の片付け、断捨離のコツ

スポンサーリンク




実家の片付け、なかなか進まないとお困りのことと思います。

気持ちはよく分かります。

  1. 親御さんと相談していますか? 勝手に物を捨ててしまうと、親御さんが困ったり、思い出の品を捨てられてしまったりする可能性があります。まずは親御さんに相談し、片付けについて理解と協力を得ることが大切です。
  2. 誰と一緒に片付けますか? 一人で片付けるのは大変な場合もあります。兄弟姉妹や親戚、友人などに協力を依頼するのも良いでしょう。
  3. 目標を明確にしていますか? 「とりあえず片付ける」ではなく、「どの部屋をいつまでに片付ける」など、具体的な目標を設定しましょう。目標が明確な方が、モチベーションを維持しやすくなります。

具体的な片付けの手順

  1. 自分の部屋や自分のものから片付ける まずは、過去に使っていた自分の部屋や、実家に置いている自分のものの片付けから取り掛かるのがおすすめです。これらは、親御さんの許可や判断がなくてもある程度片付けられます。
  2. 床や廊下に置いているものから分別する 床や廊下に置いているものは、明らかに不要なものが多いです。まずはこれらのものを分別し、捨てたり、リサイクルに出したりしましょう。
  3. 部屋ごとに片付ける 一部屋ずつ集中して片付けましょう。部屋全体を見渡すと、何から手をつければいいのか分からなくなることがあります。まずは一部分に集中して、少しずつ片付けていくのがコツです。
  4. 判断に迷うものは後で考える 思い出の品など、判断に迷うものは後回しにしましょう。一旦別の場所に保管しておき、落ち着いてから改めて判断します。

片付けが進まない場合

  1. 業者に依頼する どうしても自分で片付けるのが難しい場合は、遺品整理業者に依頼するという方法もあります。費用はかかりますが、時間と労力を大幅に節約できます。
  2. 少しずつでも続ける 完璧を目指さずに、少しずつでも続けることが大切です。1日10分でも良いので、毎日少しずつ片付けを進めていきましょう。

スポンサーリンク





実家の食器の片付け

実家の食器を片付けるのは、思い出や感情が絡み、なかなか難しい作業ですよね。ここでは、少しでもスムーズに片付けを進めるためのコツをいくつかご紹介します。

1. 少しずつ進める

いきなり食器棚全体を整理しようとすると、気持ちが重くなってしまいます。まずは、食器棚の一段、あるいは特定の種類の食器など、小さな範囲から始めましょう。

2. 使うものと使わないものを分ける

まず、普段使っている食器と、使っていない食器を分けます。使っていない食器は、さらに以下のような基準で分類すると、より効率的に処分することができます。

  • 欠けやヒビなど、破損しているもの
  • 重くて使いにくいもの
  • 好みのデザインではないもの
  • 用途不明なもの
  • 似たようなものが複数あるもの

3. 処分方法を考える

不要な食器は、以下のような方法で処分することができます。

  • まだ使えるものは、リサイクルショップやフリマアプリなどで売る
  • 寄付できる団体があるか探してみる
  • 陶器は、陶器bankで回収してもらえる
  • 燃えるゴミ、不燃ゴミとして捨てる

4. 思い出の食器は慎重に判断する

中には、使っていないけれど、思い出があって捨てられない食器もあるかもしれません。そのような食器は、無理に捨てる必要はありません。写真に撮って残したり、別の形で活用したりすることを検討しましょう。

5. 家族と協力する

実家の食器は、家族の共有物です。事前に家族と話し合い、協力しながら片付けを進めることが大切です。それぞれの思い出や思いを共有することで、よりスムーズに作業を進めることができます。

6. 専門業者に依頼する

自分たちで片付けるのが難しい場合は、専門業者に依頼するという方法もあります。費用はかかりますが、短時間で効率的に片付けることができます。








フォローする