このページにはプロモーションが含まれます

スポンサーリンク




かかとのガサガサの原因、治し方




スポンサーリンク





かかとのガサガサの原因

かかとは皮脂腺が少ないため、他の部位に比べて乾燥しやすく、角質が溜まりやすいのが特徴です。主な原因は以下の通りです。

1. 乾燥

  • 秋冬の乾燥した季節
  • エアコンによる乾燥
  • 熱いお湯での入浴
  • 長時間の立ち仕事
  • ストッキングやパンプスなどの着用

2. 角質の蓄積

  • 乾燥によるターンオーバーの乱れ
  • 古い角質をケアしていない
  • 摩擦による刺激

3. その他

  • 加齢による新陳代謝の低下
  • 水虫
  • ビタミン不足
  • 甲状腺機能低下症

かかとのガサガサの治し方

かかとのガサガサを治すには、以下の方法が有効です。

1. 保湿

  • 入浴後や寝る前に、かかとに保湿クリームを塗る。
  • 靴下を履いて寝ると、保湿効果を高められる。
  • 保湿成分として、尿素、セラミド、ヒアルロン酸などが効果的。

2. 角質ケア

  • 週に1〜2回、軽石やピーリングジェルで角質を除去する。
  • 力を入れすぎると、肌を傷つけてしまうので注意する。
  • 角質ケア後は、必ず保湿を行う。

3. 生活習慣の改善

  • 水分をこまめに摂取する。
  • バランスの良い食事を心がける。
  • 適度な運動をする。
  • ストレスを溜めない。

4. 医療機関の受診

  • セルフケアで改善しない場合は、皮膚科などの医療機関を受診する。
  • 水虫や甲状腺機能低下症などの可能性がある。

おすすめのケア方法

毎日の保湿

かかとのガサガサを予防するためには、毎日の保湿が最も重要です。入浴後や寝る前に、かかとにたっぷりと保湿クリームを塗りましょう。靴下を履いて寝ると、保湿効果を高められます。

週に1〜2回の角質ケア

週に1〜2回、軽石やピーリングジェルで古い角質を除去しましょう。ただし、力を入れすぎると、肌を傷つけてしまうので注意が必要です。角質ケア後は、必ず保湿を行う。

生活習慣の改善

水分不足や栄養バランスの偏り、運動不足、ストレスなども、かかとのガサガサの原因となります。水分をこまめに摂取し、バランスの良い食事を心がけ、適度な運動をするようにしましょう。また、ストレスを溜めないことも大切です。

  1. お風呂で足を温め、角質を柔らかくしてからケアを始めましょう。
  2. ガラスかかとやすりや軽石で、古い角質を削り取ります。
  3. フットピーリングジェルを使う場合は、説明書に従って使用しましょう。
  4. かかとクリームを塗って、しっかり保湿します。
  5. シリコーンかかとパックを装着する場合は、寝る前に着用しましょう。

これらのアイテムを組み合わせて、かかとのガサガサをツルツルに改善しましょう。

注意点

  • 角質を削りすぎると、逆に乾燥が悪化してしまうので、注意しましょう。
  • かかとの皮膚に傷や炎症がある場合は、使用を控えましょう。

100均アイテムを活用して、手軽に効果的なかかとケアをしましょう。








フォローする