このページにはプロモーションが含まれます

スポンサーリンク




黄色い歯を白くする方法




スポンサーリンク





黄色い歯を白くする方法

セルフケア

  • ホワイトニング歯磨き粉を使う

市販のホワイトニング歯磨き粉には、研磨剤や過酸化水素などの歯の表面の着色汚れを落とす成分が含まれています。毎日続けることで、徐々に歯を白くすることができます。

  • 歯の消しゴムを使う

歯の消しゴムは、研磨剤入りのスポンジで、歯の表面の着色汚れを物理的に落とすものです。手軽に白さを実感できますが、使いすぎると歯の表面を傷つける可能性があるので注意が必要です。

  • 重曹で歯磨きをする

重曹には研磨作用と漂白作用があり、歯の表面の着色汚れを落とすことができます。重曹を水で溶かして歯磨き粉として使用します。ただし、重曹は研磨剤なので、使いすぎると歯の表面を傷つける可能性があります。

  • ステインオフシートを使う

ステインオフシートは、過酸化水素などの薬剤が染み込んだシートで、歯の表面に貼り付けて歯を白くします。手軽に白さを実感できますが、効果は一時的です。

歯科医院での治療

  • オフィスホワイトニング

歯科医院で高濃度の薬剤を使って歯を白くする方法です。短時間で効果を実感できますが、費用がかかります。

  • ホームホワイトニング

歯科医院で作成した専用のマウスピースに薬剤を入れて、自宅で歯を白くする方法です。オフィスホワイトニングよりも効果は穏やかですが、費用を抑えられます。

  • 食生活を見直す

コーヒーや紅茶、ワインなどの着色性の高い食品を控えることで、歯の着色汚れを防ぐことができます。

  • 禁煙する

タバコのヤニは歯の表面に付着し、歯を黄色く変色させます。禁煙することで、歯の黄ばみを防ぐことができます。

  • 定期的に歯科検診を受ける

歯垢や歯石を定期的に除去することで、歯の着色汚れを防ぐことができます。

お金をかけないで歯を白くする方法

歯を白くする方法には、歯科医院で行う方法と、

自宅でできる方法があります。

お金をかけずに歯を白くしたい場合は、

自宅でできる方法を試してみるのがおすすめです。

自宅でできる歯を白くする方法

1. 正しい歯磨きをする

歯の黄ばみの原因の多くは、歯垢やステインです。正しい歯磨きをすることで、これらの汚れを落とすことができ、歯を白くすることができます。

  • 歯ブラシは小ぶりで、毛先の柔らかいものを使用する。
  • 歯磨き粉は、研磨剤が入っていないものを使用する。
  • 歯の表面だけでなく、歯と歯の間、歯の裏側もしっかり磨く。
  • 1日2回、2分以上かけて歯磨きをする。

2. 重曹を使う

重曹には、歯の汚れを落とす効果と、歯の表面を研磨する効果があります。重曹を歯磨き粉に混ぜて歯磨きをすることで、歯を白くすることができます。

  • 重曹は、食用のものを使用する。
  • 重曹を歯磨き粉に少量混ぜ、歯磨きをする。
  • 週に1~2回程度行う。

3. オイルプリングをする

オイルプリングは、ココナッツオイルやオリーブオイルなどの油を口の中で含んで、歯垢や汚れを浮き上がらせる方法です。

  • ココナッツオイルやオリーブオイル大さじ1杯を口の中で含む。
  • 5~10分間、口の中でくちゅくちゅと動かす。
  • 吐き出して、水で口をすすぐ。
  • 毎朝、朝食前に行う。

4. ストローを避ける

ストローで飲み物を飲むと、歯に色素沈着が起こりやすくなります。ストローを使う習慣がある場合は、できるだけ避けるようにしましょう。

どの方法を選ぶ?

どの方法を選ぶかは、予算や時間、希望する白さなどを考慮して決めましょう。

セルフケアは手軽に始められますが、効果は一時的です。より効果的に歯を白くしたい場合は、歯科医院での治療を検討しましょう。

注意点

  • ホワイトニング効果は個人差があります。
  • ホワイトニング治療中、歯がしみるなどの副作用が出る場合があります。
  • 歯の神経が死んでいる場合は、ホワイトニング効果が得られない場合があります。








フォローする