このページにはプロモーションが含まれます

スポンサーリンク




同窓会は楽しくない?同窓会がつまらないと感じる理由




スポンサーリンク





同窓会がつまらないと感じる理由

1. 学生時代の思い出があまり良くない

学生時代にいじめや嫌な思いをした経験があると、同窓会に行くのが億劫になるのは当然です。

2. 参加メンバーとあまり気が合わない

学生時代は仲良くしていた人でも、大人になると価値観やライフスタイルが変わって、話が合わなくなることがあります。

1人になりたくないから、とりあえずグループに入っていただけで、そこまで親しくない。卒業後には、全然連絡とることもなく疎遠だったりすると、親しみもないので、あまり会いたいとは思わないですね。

3. 雰囲気が堅苦しい

同窓会は堅苦しい雰囲気で進行すると、

リラックスして楽しむことができません。

4. 話題がない

学生時代の思い出話ばかりでは盛り上がりにくいものです。

大人になると、それぞれいろいろな経験がありますが、話しても盛り上がらなさそう、と感じるとあまり行きたくないですね。

5. マウント合戦、自慢話が多い

自分の成功自慢や自慢話ばかりする人がいると、

聞いていて不快な気持ちになります。

年収や職業、または家族構成など、子供や孫の話になることも多いですが、

そうした話題をしたくない、なにげなく自慢されてるように感じたり、自分とは違う環境にいる友人との話題はあまり面白くはありません。

6. 二次会が遅くまで続く

二次会が遅くまで続くと、翌日の仕事や予定に支障をきたします。

同窓会を盛り上げるためのポイント

同窓会を楽しく過ごすためには、以下のポイントを意識すると良いでしょう。

1. 事前に幹事に連絡して、気の合う人と同席できるようにする

2. 話題を用意しておいて、積極的に会話に参加する

3. 二次会は早めに切り上げる

4. 幹事になって、自分好みの同窓会を企画する

5. 参加者全員が楽しめる企画を考える

6. 参加するかどうかは、無理せず自分の気持ちに正直になる

同窓会はあくまでも「参加したい人が参加する」ものです。

無理をして参加する必要はありません。

行きたくない時は、欠席の返事を出すだけでOKです。

理解力がない人と話すと疲れる・・








フォローする