このページにはプロモーションが含まれます


ビタミンCと一緒に摂取すると良いもの、じゃがいものビタミンCは壊れにくい?

スポンサーリンク




ビタミンCと一緒に摂取すると良いものはたくさんありますが、

その中でも特におすすめなのは以下のものです。

  • ビタミンA:ビタミンAは、目の健康、免疫機能、細胞の成長と発達に重要な役割を果たす脂溶性ビタミンです。ビタミンCと一緒に摂取すると、抗酸化作用が高まり、体の老化や病気から守ってくれます。ビタミンAを多く含む食品には、レバー、ニンジン、スイートポテト、ほうれん草などがあります。
  • ビタミンE:ビタミンEも脂溶性ビタミンで、抗酸化作用があります。ビタミンCと一緒に摂取すると、細胞膜の損傷を防ぎ、心臓病や癌などの慢性疾患のリスクを軽減するのに役立ちます。ビタミンEを多く含む食品には、アーモンド、アボカド、ヒマワリの種、ほうれん草などがあります。
  • 亜鉛:亜鉛は、免疫機能、傷の治癒、生殖機能に重要な役割を果たすミネラルです。ビタミンCと一緒に摂取すると、亜鉛の吸収率が高まり、体のさまざまな機能をサポートしてくれます。亜鉛を多く含む食品には、牡蠣、牛肉、羊肉、カシューナッツなどがあります。
  • :鉄は、赤血球中のヘモグロビンに含まれるミネラルで、酸素を体中に運ぶ役割を果たします。ビタミンCと一緒に摂取すると、鉄の吸収率が高まり、貧血の予防に役立ちます。鉄を多く含む食品には、レバー、赤身の肉、貝類、ほうれん草などがあります。

これらの栄養素は、それぞれ単独でも健康に良いのですが、ビタミンCと一緒に摂取することで、より効果的に働きます。

ビタミンCと一緒に摂取すると避けたほうがよいものもあります。

  • :銅は、体内でさまざまな役割を果たすミネラルですが、過剰に摂取すると、肝臓や腎臓に負担をかける可能性があります。ビタミンCと一緒に摂取すると、銅の吸収率が高まり、過剰摂取のリスクが高まるため注意が必要です。銅を多く含む食品には、レバー、牡蠣、貝類、ナッツ類などがあります。
  • カルシウム:カルシウムは、骨や歯の形成に重要な役割を果たすミネラルですが、ビタミンCと一緒に摂取すると、カルシウムの吸収率が低下する可能性があります。そのため、ビタミンCとカルシウムを含む食品は、できるだけ時間差を置いて摂取することをおすすめします。カルシウムを多く含む食品には、牛乳、ヨーグルト、チーズ、小魚などがあります。

これらの栄養素は、あくまでも過剰摂取に注意が必要なだけです。普段の食事からバランスよく摂取していれば、問題になることはほとんどありません。

ビタミンCは、水溶性ビタミンなので、体内に蓄積されません。そのため、毎日こまめに摂取することが大切です。ビタミンCを多く含む食品には、柑橘類、キウイ、イチゴ、ピーマン、ブロッコリーなどがあります。

これらの食品を積極的に食事に取り入れて、健康的な生活を送りましょう。

スポンサーリンク





じゃがいものビタミンCは他の野菜と比べて壊れにくいです。

理由

  • じゃがいものビタミンCはでんぷんに包まれているため、熱や水分による破壊や流出から守られています。
  • ビタミンCは水溶性ビタミンですが、じゃがいもに含まれるカリウムなどのミネラルがビタミンCを安定化させています。

注意点

  • 長時間水にさらしたり、高温で長時間加熱したりすると、ビタミンCが壊れてしまう可能性があります。
  • 皮ごと調理すると、ビタミンCをより多く摂取することができます。
  • 新じゃがいもは、メークインなどの成熟したじゃがいもに比べてビタミンCの含量が多いです。








フォローする